観光客の姿はまず見ないローカル度溢れる牛肉湯のお店 – 長榮牛肉湯




台湾の中では台北に次いで日本人の人気の旅行先の地位を確立している台南。その台南の中でも最も人気があるのは中西区を中心とした台南駅の西に広がる繁華街です。逆に台南駅の東側を訪れる人はそれほど多くないと思います。東側は学校や住宅地が多いので、西側が商業エリアとすると東側は住宅エリアといった印象ですね。しかし足を運んでみるといろいろと面白い見どころやお店がたくさんあってなかなかに穴場なのです。というわけで今回は台南駅の東側エリアにある牛肉湯のお店「長榮牛肉湯」を紹介したいと思います。

長榮牛肉湯

長榮沿いの騎樓で営業する牛肉湯のお店

長榮牛肉湯」は台南駅の東側エリアを南北に走る大通り長榮路沿いで営業しています。「騎樓」と呼ばれる建物の1階部分にある通路のような場所にテーブルを出しています。これはまあ台湾ではよく見る光景なんですが、よく見ると店舗がないんですよね。屋台のような営業スタイルに見えます。牛肉湯のお店でこういう形態はあまり見たことがないですねー。

メニューは建物の壁に貼ってあります。ということはやっぱりこの建物が店舗なのかな? でもそれなら店舗内で調理すればいいような気もするのですが・・・ ちょっと謎なお店です。まあそれはともかく注文をしましょう。オーダーシートは無いので口頭で食べたいものを伝えて空いてる席に座ります。

建物を囲むように席が用意されています。お客さんは通学前の学生や出勤前の人など地元の住民ばかり。観光客の姿は皆無です。繁華街とは線路を挟んで反対側のエリアなので朝からここまでやって来ようという人はあまりいませんよね。

しっかりとコクのある牛肉湯

牛肉湯肉燥飯を注文しました。

牛肉湯・小80NTD)、肉燥飯・小20NTD

牛骨を煮込んで作られたスープはスッキリと半透明。しかしその見た目からの予想に反してしっかりとコクがあります。運ばれてきたときは半生だった牛肉は徐々にスープの熱によって食べ頃の状態に。このタイミングを逃さずに食べましょう。

お肉はそのまま食べても美味しいですが甘辛いタレにつけるとより美味しいですよ。

牛肉湯に合わせたのは肉燥飯。北部の魯肉飯に比べるとやや甘めの味付けです。「牛肉湯の牛肉をご飯で食べたい!」という人は白飯をおすすめします。実際日本人観光客は牛肉湯のお店では肉燥飯よりも白飯を注文する傾向があるような気がします。これだけだと物足りないという人は炒牛肉麻油牛肉などもいっしょに注文するといいですね。

場所柄あまり観光客が来ることのないローカル感溢れる穴場のお店ですよ。ちょっと足を延ばして地元の人達に混じって朝ごはんを食べてみてはいかが。

店舗情報

住所 台南市東區長榮路二段88號
営業時間
4:30~10:30
休日
FB 長榮牛肉湯


おトクなセール情報


おすすめ記事

スポンサードリンク