上等、花紋、頂級とランク付けされたちょっと上質の牛肉湯 – 鬍鬚忠牛肉湯




台南では何がおすすめかと聞かれたらまず牛肉湯を挙げます。やっぱり牛肉湯を食べずに台南のグルメを語れないと言っても過言ではありませんねー。スープに薄くスライスした牛肉が入っているというだけというシンプルな料理なんですがこれが奥が深くて堪らなく美味しいんですよね〜。あっさりしているので朝食にもよく食べるし、夜中にちょっとお腹が減ったときなどサクッと食べるにはピッタリです。台南の街中には専門店があちこちに見られ気軽に牛肉湯を楽しむことができますよ。今回はそんな台南の牛肉湯の中から割と新しいお店「鬍鬚忠牛肉湯」を紹介します。

鬍鬚忠牛肉湯

比較的新しい牛肉湯のお店

民族路を賑やかな永楽市場方面から海安路をやや過ぎたあたりに見えてくる「鬍鬚忠牛肉湯」の看板は他のお店とは違ってちょっと近代的な雰囲気。ずいぶん目立ってます。民國81年に創業、ということは1992年なので比較的新しいお店っていうことですねー。
2018033102
実際のお店はどうなのかなー、と覗いてみるとこちらは周囲のお店と同様、いたって昔ながらの小吃店といった感じです。個人的にはやっぱり台南の牛肉湯のお店ってこういう感じの方がしっくりきますね。
2018033103
店頭に席が並ぶという台湾の小吃店お馴染みのスタイルです。牛肉湯は早朝営業するお店が多いのですがこちらは夕方から翌日の午前中までという営業スタイル。まあ早朝営業ということには変わりませんが深夜でも牛肉湯が食べられるお店です。
2018033104 2018033105
親切にもテーブルにメニューを貼り付けてます。ここの牛肉湯の特徴は綜合牛肉湯を別として、上等<花紋<頂級といった具合に3種類にランク付けされています。なんか松竹梅みたいですね。
2018033106
注文はオーダーシート。各テーブルに置いてあるのでまずは席を確保してオーダーシートを記入しましょう。さて、牛肉湯は3種類のどれにするかな〜と悩みどころです。頂級だと小サイズでも200元ですか・・・結構なお値段ですね。でもやっぱり頂級を食べてみたい・・・と思ったのですが、次に来る楽しみに取っておくことにして真ん中の花紋牛肉湯にしました。
2018033107
オーダーシートを記入したら店員さんに渡します。ショーケースのところに「牛隻屠宰證明」というのが貼ってあるのですが、冷凍の牛肉を使わずに毎日新鮮なものを使用しているんだそうです。やっぱりそれでこそ台南の牛肉湯ですよね。
2018033108

脂ののった牛肉のスープ

牛肉湯に欠かせないタレと生姜の千切りはこちらから。
2018033109
注文した料理が出揃いました~。

花紋牛肉湯・小150NTD)、蒜頭牛肉・小150NTD)、白飯10NTD

これが鬍鬚忠牛肉湯の牛肉湯。松竹梅で言えば竹にあたる花紋牛肉湯ですね。普通の牛肉湯のお肉に比べるとかなり脂がのってるような気がしますねー。この辺がやっぱり竹クラスっていうことなんでしょうか。味もなかなかに上品で美味しいですよ。牛肉湯のスープはそもそもあっさり味なんですがそれに比べてもややあっさりの印象です。じゅうぶん美味しいですが個人的にはもうちょっと濃くてもいいかなー。

タレにつけてももちろん美味しい。こうなるとやっぱりご飯が欲しくなるのでついつい肉燥飯ではなく白飯を注文してしまいます。

牛肉湯の他にも牛肉料理があってので注文してみました。こちらはニンニクと牛肉を炒めた蒜頭牛肉。ニンニクの香りに食欲をそそられますね〜、これはビールが欲しくなる一品です。

鬍鬚忠牛肉湯は深夜でも空いているので夜中にちょっと小腹がすいたときなど重宝するお店ですよ。お酒を飲んだ後にあっさり味の牛肉湯っていうのもいいですね。

店舗情報

住所 台南市中西區民族路三段91號
営業時間
17:00〜翌10:00
休日 火曜日の夜半から夜明けまで
FB 鬍鬚忠牛肉湯


おトクなセール情報


おすすめ記事

スポンサードリンク