台南らしくフラッと立ち寄ってサッと食べていく永楽市場の牛肉湯 – 永樂牛肉湯

國華街といえば台南でも有名な美食ストリートの1つ。中でも民族路から民権路にかけては台南を象徴する人気スポットの1つでもある永楽市場があり、周辺はいつも地元の住民や観光客など大勢の人で賑わっています。牛肉湯、米糕、豆花などの小吃店がズラッと軒を連ねます。地元の人々や観光客が美味しい小吃を求めていつも賑わっている非常に活気のあるエリアです。また有名な小吃店がたくさんあり阿松割包金得春捲富盛號碗粿などは特に良く知られた存在です。そんな中で今回は永楽市場で営業する牛肉湯のお店、永樂牛肉湯を紹介します。

永樂牛肉湯

永楽市場の牛肉湯の人気店

下の写真が國華街。台南を紹介するさまざまなメディアでもよく取り上げられる風景なので見覚えのある人も多いのではないでしょうか。昨年(2017年)発売された雑誌BRUTUSの台湾特集で表紙を飾った場所でもありますね。台湾でちょっとした議論がまき起ったのは記憶に新しいと思います。
2018011802
永樂牛肉湯は永楽市場の民族路にほど近い場所で営業する店名の通り牛肉湯の専門店。永楽市場の中でも人気のあるお店の1つですよ。
2018011803
店頭にテーブルを並べるいかにも台湾らしい風景ですね。永樂牛肉湯の営業時間は朝3時から11時までと朝食を食べに来たお客さんを対象にしています。それにしても3時っていうのはすごいですね。

お店にやって来たのは6時半ごろですが、もう朝ごはんを食べに来たお客さんがちらほらと見られ人気のほどが伺えますね。こういうお店ではちょっと立ち寄ってササッと食べて帰って行くというスタイル。地元の人は席に着くより早くおもむろに注文。運ばれてきた牛肉湯と白飯をさっさと食べてお勘定して席を立ちます。その間わずか5分ほど。台南の日常を垣間見たような気がします。
2018011804
お店の側面もカウンター席になってます。一体どういう造りの店舗なんでしょうね(笑)。
2018011805

スッキリ味のシンプルな牛肉湯

メニューは至ってシンプルで6種類ほどしかありません。スープは1番人気の牛肉湯の他、牛腩湯、五花肉、綜合湯があります。
牛腩湯:肩ばら肉を使ったスープ
五花肉:牛バラ肉を使ったスープ
綜合湯:牛肉、牛心(心臓)、牛肝(レバー)、五花肉(牛バラ肉)が入ったスープ
2018011806
注文したのはやっぱり定番の牛肉湯。それに白飯です。牛肉湯は半透明のスープに牛肉と千切りの生姜が入っているだけのシンプルな料理。オーダーシートは無いので口頭で注文して運ばれてきてから清算します。

牛肉湯100NTD)、白飯10NTD

牛肉がまだ半生の状態で運ばれてきてスープの熱で徐々に火が通ってきます。まずはそのまま食べてみます。シンプルな料理だけに牛肉そのものの美味しさが感じられます。スープも牛肉の旨みが出ていてスッキリした味。朝食にピッタリですね。

甘辛のタレにつけるとご飯が進みますね〜。

営業時間が3:00~11:00なので、夜遅くまでお酒を飲んだ後のシメに食べてもいいし、早朝の朝ごはんに食べてもいいし、また遅い朝食に食べるのもいいかもしれませんね!
2018011810

店舗情報

住所 台南市中西區國華街3段175號
営業時間
3:00〜11:00
休日


おトクなセール情報


おすすめ記事

スポンサードリンク