台北で牛肉麺を食べるなら最初に行くのはここでしょう – 永康牛肉麵




台湾に行って食べたいものと言えば小籠包、牛肉麺あたりが1、2を争う人気料理ではないでしょうか。雑誌などでも必ず紹介される定番の台湾グルメですよね。ただ小籠包は日本でもわりと食べることができますが牛肉麺が食べられるお店ってそんなにありませんよね。そういう意味では台湾に行ったらぜひとも牛肉麺は食べておきたいところです。特に台北には美味しくて有名な牛肉麺のお店が多いですね。日本人観光客御用達といってもよい人気店もたくさんあります。というわけで今回は台北の牛肉麺と言えばここ、といっても過言ではない超人気店「永康牛肉麵」を紹介します。

永康牛肉麵

台北の牛肉麺の代名詞的存在のお店

台湾の旅行本でまず間違いなく紹介されている永康牛肉麵。台北の牛肉麺の代表各といってもいい存在ですね。看板にも書かれているように1963年創業。もう50年以上も営業している老舗で、今でも食事時には行列ができる地元でも愛されているお店です。
2018041902
この日も開店間もない時間にやって来たのですがもう店内はお客さんでいっぱいです。
2018041903 2018041904
わりと席数も多く、2階にも席があるのでもし行列ができていてもそれほど待たされることは無いと思いますよ。諦めずに並びましょう。
2018041904_1
普通、壁にデカデカとメニューが書いてあるお店が多いんですが、こういうメニューってあんまり見ないですね。ちょっと印象的です。
2018041905 2018041906
さすがに日本人観光客御用達ということもあり日本語メニューが用意されてます。写真も載ってるので分かりやすですね。
2018041907
こちらは小菜。好きな物を選ぶとお皿に取ってくれます。
2018041908

柔らかいお肉の牛肉麺と粉蒸排骨

注文したものが全て揃いましたよ〜。

個人的に好きな小菜の小黃瓜(キュウリ)。さっぱりしてるので牛肉麺に相性がいいです。

小黃瓜50NTD

牛肉麺はまずスープが大きく分けて2種類。「紅焼」は醤油ベースの牛骨スープでややピリ辛。  「清燉」スープは澄んだ色をしたあっさり味です。更に具で「牛肉(赤身肉)」「牛筋(筋肉)」「牛雑(モツ)」の3種類に分かれます。今回は牛肉と牛筋が半々の半筋牛肉麵(紅焼スープ)をオーダーしました。

半筋牛肉麵240NTD

これは牛肉。大ぶりなんですがこれが驚くほど柔らかい! 全く苦も無く噛み切れてしまいます。やっぱりこの大きな柔らかい牛肉がゴロゴロ入ってるのが牛肉麺の最大の特徴であり魅力なんですよね〜。

こちらは牛筋。これもトロトロに煮込まれています。ただちょっと予想以上にコラーゲン感が強くて重かったので牛肉麺の方にしとけばよかったかなと・・・

麺はやや柔らかめですね。個人的にはもうちょっとコシがあった方が好きかなー。スープはほどほどにピリ辛、コクと旨みがあって美味しいですねー。

牛肉麺に欠かせないのがこの酸菜。テーブルに置いてあるのでぜひ牛肉麺に入れて食べてみてください。
2018041916
酸菜を入れるとまた違った味が楽しめますよー。

永康牛肉麵のもう1つの人気メニューがこの粉蒸排骨。骨付きの豚肉、蒸肉粉、もち米、サツマイモを蒸したおこわのような料理。隠れて見えませんが底の方にサツマイモが入っています。豚肉が柔らかくてこれが美味しいんですよ。山盛りの様に見えますが底が浅いので(容器に刺さっている串あたりまで)1人1つでじゅうぶんだと思います。

人気のある永康街エリアとあって値段はやや高めの設定ですが、やっぱり台北に来たら行ってみたいお店です。
2018041919

店舗情報

住所 台北市大安區金山南路二段31巷17號
営業時間
11:00〜15:30、16:30〜21:00
休日  
HP 永康牛肉麵專門店


おトクなセール情報


おすすめ記事

スポンサードリンク