中華路夜市で安くてウマい台湾ステーキを食べてみた – 酷哥牛排




あまり紹介されることがない知られざる台湾グルメとしておすすめしたいのが牛排(ステーキ)。「台湾でステーキ食べなくても・・・」と思うかもしれませんがそれは違う。自分は「台湾ステーキ」と呼んでるのですが鉄板からはみ出るほどの大きなお肉、なぜか麺が付いている、などなかなか個性的で美味しいのでぜひ食べてみてほしい。また夜市でよく見かけるんですよ。というわけで今回は台中の中華路夜市で営業する台湾ステーキのお店「酷哥牛排」を紹介したいと思います。

酷哥牛排

中華路夜市のステーキ専門店

台中の中華路夜市にある「酷哥牛排」にやって来ました。以前紹介した臭豆腐のお店「潭子臭豆腐」の隣りですね。

夜市が開催される中華路沿いにお店があるせいか営業時間は夕方から深夜までという夜営業です。

入り口にオーダーシートが置いてあるので1つ取って店内に入ります。

空いてる席に座ってオーダーシートを記入しましょう。テイクアウト大国の台湾でもさすがにステーキは店内で食べる人が多いです。でもこの日は夜遅かったせいかそんなに混んでなかったですね。

メインは牛排(ビーフステーキ)ですが他にポークステーキ、チキンステーキ、ラムステーキなどもあります。2種類のステーキを組み合わせたメニューもありますよ。またステーキは「黑胡椒」「蘑菰(きのこ)」「綜合(ミックス)」からソースが選べます。オーダーシートを記入したら店頭にあるカウンターに持って行って店員さんに渡しましょう。

さて、ステーキが焼きあがるのを待っている間にその他の準備をしておきましょう。ステーキにはパン、スープ、飲み物が付いていて全てセルフサービスになっています。

パンは2個無料で付いてきます。こちらで自分で焼いて持って行きましょう。

スープと飲み物は飲み放題です。それぞれコーンスープと紅茶ですね。

ナイフ、フォーク、スプーンはこちらから。

ステーキは基本的に味付けされてますが一応ソースもあるのでお好みで。

沙朗牛排(サーロインステーキ)

準備を終えて席で待っているとほどなくステーキがやって来ました~。鉄板の上でジュージューと音を立ててとっても美味しそう!

注文したのは「沙朗牛排(サーロインステーキ)」、ソースは「黑胡椒」を選びました。

沙朗牛排・黑胡椒160NTD

台湾ステーキのお店ではだいたいどこもパンとスープはセットになってます。どのお店でも同じようなパンが付いてるのですがこれがなかなか美味しくて個人的に大好きなんですよ。

中にはバターが入ってます。軽く焼くとパンの表面がサクッとした歯触り、中のバターがいい具合にトロっと溶けてこれが旨い。このパンだけもっと食べたいですね。一応料金を払えば追加できるみたいです。

さてメインのステーキ。鉄板からはみ出るほどの大きなステーキ、半熟の目玉焼き、そしてステーキの下には麺がどっさりと敷かれています。このスタイルが台湾ステーキなんですよ。

お肉はちょっと薄めなのですが柔らかくてなかなか美味しい。焼き加減も超いいですね。ソースがややとろみがあって独特ですねー。パンと麺も合わせるとかなりのボリューム、じゅうぶんお腹いっぱいになります。次回はキノコのソースで食べてみたいですね。

店舗情報

住所 台中市中區中華路一段79號
営業時間
17:00~0:00
休日

スポンサードリンク