高雄の瑞豐夜市にあるステーキ屋台に行ってみた – 萬國牛排




台湾第2の都市高雄で人気の夜市はMRT美麗島近くにある「六合夜市」、それとMRT巨蛋駅近くにある「瑞豐夜市」。この2つの夜市が特に有名です。「瑞豐夜市」の方は「六合夜市」のように路上に屋台が並ぶタイプの夜市とは違って、専用の広い敷地に屋台が集まった大型の夜市。台南の「花園夜市」や花蓮の「東大門夜市」と同じようなタイプですね。今回はその「瑞豐夜市」から台湾ステーキの人気店「萬國牛排」を紹介したいと思います。

萬國牛排

瑞豐夜市のステーキ屋台

萬國牛排」は高雄の楠梓区に本店があるステーキ店。高雄市内に数店舗、また台南にも支店があるようです。今回は高雄の瑞豐夜市で営業するお店に行ってみました。

瑞豐夜市は基本的に屋台ばかりが集まった夜市なのですが「萬國牛排」は屋根付きでかなり広いスペースがとられています。ちょっと特別扱いっぽいお店ですね。

こちらがメニュー。牛排(ビーフステーキ)は「牛排」と厚切りの「厚片牛排」の2種類。他にも「豬排(ポークステーキ)」、「雞腿排(チキンステーキ)」があり、それぞれを組み合わせることもできます。また台湾のステーキは必ずと言っていいほど麺がいっしょに付いてるのですが麺だけ注文することもできます。

とういわけで中に入ってみましょう。入り口にオーダーシートが置いてあったのですが店員さんに直接注文を聞かれたので口頭で告げて席に着きます。

店員さんに指示された場所に座って待ちますよ。

紅茶と玉米濃湯(コーンスープ)は無料です。セルフサービスなので自分で注いで席へ持って行きましょう。

厚切りビーフステーキ「厚片牛排」

まもなくステーキがじゅうじゅうといい音を立てながら運ばれてきました。注文したのは「厚片牛排」なのですがお肉を見た瞬間「あ、しまった!」。鉄板を覆いつくすような巨大な台湾ステーキを予想していたのですが「厚片牛排」はこうなんですね・・・ 「牛排」の方にしとけばよかった。確かにかなり厚みはあるんですけどね。まあいいや。

厚片牛排160NTD

ナイフ、フォーク、ステーキソースはテーブルに置いてあります。

見た目はともかくお肉は柔らかくて美味しいです。確かに厚切りの方は「牛排」に比べると肉肉しさがありますね。「牛排」は大きいかわりにもっと薄いんですよね。ポークステーキやチキンステーキとのミックスを注文しているお客さんもけっこういましたねー。見てるとちょっと美味しそうだったので次回来たら食べてみたいと思います。

店舗情報

住所 高雄市左營區裕誠路、南屏路、東門路一帶(瑞豐夜市内)
営業時間
18:30~1:00
休日
月水

スポンサードリンク