安くてボリューム満点の台湾ステーキを食べよう! – 孫東寶台式牛排




ちょっと変わった台湾グルメでおすすめしたいのがステーキ。「台湾に来てステーキ食べなくても・・・」と思うかもしれませんがこれがなかなか個性的なのでぜひ食べてみてほしいのです。鉄板を覆いつくすほどの豪快なお肉になぜか麺が付いているのが定番で夜市でもよく見かけます。ボリュームのわりには値段も手ごろで隠れた台湾グルメなんですよ。というわけで今回は台湾全土でチェーン展開している人気の台湾ステーキのお店「孫東寶台式牛排」に行ってみましたので紹介したいと思います。

孫東寶台式牛排

真っ赤な派手な外観が目立つお店

今回やって来たのは台北の東區にある「孫東寶台式牛排 大安敦南店」です。「孫東寶」と書かれた大きな赤い看板が目印。

店内も赤と黒で統一されています。なんだか目がチカチカしてきます(笑)。

注文はオーダーシートで行います。写真入りのメニューもあるので参考にしましょう。ステーキは安いもので150元から、一番高いのは280元とかなりリーズナブルです。牛肉の他にもチキンステーキやヒラメ、鮭などの海鮮ステーキもあり。またステーキにはパン(一個)とスープ、ドリンク(飲み放題)が付いています。

ステーキはソース(蘑菇醬:マッシュルーム、黒胡椒:黒胡椒、不醬:ソースなし)、焼き加減(7分、9分)が選べるのでこちらもオーダーシートに記入しましょう。

注文を終えたら待っている間に「熱湯&飲料」コーナーへ。

ドリンクは飲み放題です。この日は紅茶とオレンジジュースが用意されていました。

ソースもいろいろと用意されています。注文時にソースなしにしていろいろと試してみるのもいいですね。

こちらのコーンスープも飲み放題です。

ナイフ、フォークもここにあるので取っていきましょう。

14オンスの超大塊牛排

選んだのは14オンス(約400g)と最もボリュームのある超大塊牛排。ジュージューと音を立てて運ばれてくるのを見るとテンションが上がりますねー。

大きなお肉の他に台湾ステーキではお馴染みの鉄板麵と目玉焼きが付いています。

超大塊牛排・9分・黑胡椒280NTD

こちらも台湾ステーキでは必ずと言っていいほど付いているバター入りのパン(勝手にステーキパンと呼んでます)。

軽く焼いているので中のバターが溶けだしています。このパンがほんとに美味しいんですよ。パンだけ買って食べたいくらいですね。

鉄板からはみ出しそうなほどの豪快なステーキ。このビジュアルが台湾ステーキの醍醐味ですねー。

焼き加減を9分にしたわりにはちょっとレアっぽいところもありますがじゅうぶん柔らかくて美味しいです。お肉だけでもかなりのボリュームなので麺も食べるとお腹いっぱい。これで280元ならかなりお値打ちですよ。

店舗情報

住所 (大安敦南店)台北市大安區敦化南路一段160巷45號
営業時間
11:30~21:00
休日
 
HP

スポンサードリンク