隠れ台南グルメの嫩骨飯、おすすめのお店はここ! – 大豆豆嫩骨餐飲




美食の街「台南」には美味しいものがたくさん。牛肉湯、意麵、鱔魚意麵、サバヒー、肉燥飯、担仔麺、などなどそのバリエーションの豊富さは他の追随を許しません。台南に行ったことがある人ならこれらの料理を実際に食べたことがあるという人もいるのでは。そんな台南で実はあまり目立たないのですがおすすめした料理があるのです。「嫩骨飯」という豚軟骨を煮込んだものをご飯にのせた料理。不思議と台南以外の地域ではあまり見かけないんですよね。と言っても台南でもそんなに有名かと言うとそうでもなさそう。なんですが、これが美味しくて個人的には大好きなんです。というわけで今回はその「嫩骨飯」のおすすめのお店「大豆豆嫩骨餐飲」を紹介したいと思います。

大豆豆嫩骨餐飲

マンション群の中にある小吃店

台南の大同路をずっと南へ行くと忠烈祠を過ぎたあたりから右手に同じようなマンションがいくつも並んでいるのが見られます。一番南側の大林路まで行ったところにあるマンションの1階で「大豆豆嫩骨餐飲」は営業しています。ちょっと奥まっている場所にあるので分かりづらいですが下のような場所にありますよ。

こちらが「大豆豆嫩骨餐飲」です。

入り口付近にオーダーシートが置いてあるので1枚取って空いてる席に座りましょう。

ペンも忘れずに。

シンプルなテーブルとイス、それにテレビが設置してあるいかにも台湾の小吃店といった雰囲気。扇風機ではなクーラーが付いてるのはちょっと新しい! これは客としては嬉しいところ。

メニューは陽春麵、咖哩飯、炒飯、鍋焼意麵などけっこうバリエーション豊富です。回鍋肉飯なんて日本人うけしそうなメニューもありますね。でもここでおすすめしたいのはズバリ「嫩骨飯」なんですよ。

オーダーシートに記入したら入り口のカウンターに持って行って店員さんに渡して清算しましょう。

軟骨肉をプルプルになるまで煮込んだ嫩骨飯

こちらがその嫩骨飯! 「大豆豆嫩骨餐飲」では「清燉嫩骨飯」と「紅燒嫩骨飯」の2種類ありますがこの日選んだのは「紅燒嫩骨飯」。もう1品「嫩骨湯」もいただきました。

紅燒嫩骨飯・小55NTD)、嫩骨湯45NTD

箸や調味料はこちらから。

嫩骨飯」は豚軟骨肉をトロットロになるまで煮込んだものをご飯にのせたもの。他の地域ではあまり見かけないのですが台南ではわりとよく見る、いわば隠れ台南グルメです。

じっくり煮込まれてテリテリの豚軟骨肉。箸で簡単に崩れるとほどプルプルの状態です。食べると骨まで柔らかくてこれが何とも言えないウマさなのです。

お肉の美味しさはもちろん「大豆豆嫩骨餐飲」の「嫩骨飯」が好きなもう1つの理由はご飯が美味しいんですよね。それにあまりタレでベシャベシャになってない、ご覧のような白ご飯の状態。タレがたっぷりかかってる方がいいと言う人もいるかもしれませんが個人的にはこのくらいの方がちょうどよいですねー。

こちらも豚軟骨肉の入った「嫩骨湯」。

あっさり味のスープに豚軟骨肉のコリコリとした食感がいいアクセントになってます。

メニューの数が多いので数人で行って「嫩骨飯」とともにいろんな料理を楽しむのもいいですねー。ちょっと繁華街からは離れた場所にありますが店員さんもとっても親切でおすすめのお店です。

店舗情報

住所 台南市南區大同路二段186巷5弄12號
営業時間
11:00~14:00、17:00~21:00
休日
水日


おトクなセール情報


おすすめ記事

スポンサードリンク