お米の美味しい台東でぜひとも食べたい「米苔目」 – 三姉妹米苔目




台湾東部の街「台東」は台湾有数のお米の産地。池上便當でもよく知られる池上鄉の田園風景は有名ですね~。そんな台東で食べてみたいのが「米苔目」。粉状のお米を水で溶いて作られる「米苔目」はまさにお米どころの台東が本場。何よりもまずトライしたい台東グルメですね。有名なところでは「榕樹下米苔目」「老東台米台目」などたくさんの「米苔目」のお店がありますが今回は小ぢんまりしてローカル感溢れる「三姉妹米苔目」を紹介したいと思います。

三姉妹米苔目

70年以上の歴史がある米苔目のお店

三姉妹米苔目」は台東市中心部の四維路と中華路の交差点付近にある米苔目のお店。看板にも書かれているように70年以上の歴史がある老舗です。

以前紹介した「榕樹下米苔目」や「老東台米台目」に比べると小ぢんまりして落ち着いた感じ。観光客の姿もそれほど見られずローカルな雰囲気が漂っています。

オーダーシートは無いので口頭で注文します。

メニューはこちら。米苔目の他にも油麵、意麵、米粉、肉羹、魯肉飯、肉燥飯などけっこう品揃えが豊富です。

店内もいい意味で適当な感じ。なんだか事務所みたいな雰囲気ですね(笑)。

昔の写真が飾ってありました。「正氣路 路邊攤」って書いてるので昔は正氣路で営業してたんでしょうね。

プツプツとした面白い食感

朝ごはんだったのでちょっと控えめにスープなしの米台目三絲丸を2ついただきました。ちなみに店名は「三姉妹米苔目」ですがメニューでは「米台目」になってますね。どうも他のお店でも「」と「」を両方見かけるんですが、ほんとはどっちが正しいんだろ?

米台目・乾・小40NTD)、三絲丸(1個15NTD

箸や調味料はテーブルに置いてあります。

米台目には韭菜(ニラ)、豆芽菜(もやし)、柴魚(かつお節)、滷肉がトッピングされています。米台目ってうどんみたいな見た目ですが食感が全然違います。ツルツルシコシコした食感でいわゆる「コシ」というのはない。食べるとブツブツ切れる感じなのです。そう言うとあんまり美味しそうに聞こえないのですがそんなことはなくてかつお節や滷肉と合わせて食べるとこれがなかなか美味しいんですよ。箸だと食べ難いのでスプーンで食べた方がいいかもしれません。

こちらは三絲丸。豚肉を使った肉団子ですね。米台目だけでは物足りないという人は三絲丸魯鴨蛋、または肉羹などのスープをいっしょに注文するといいですね。

店舗情報

住所 台東市四維路一段502號
営業時間
6:00~14:00
休日
 

スポンサードリンク