プレートミシュランに選ばれた饒河街観光夜市の麺線 – 東發號麵線




士林夜市とともに台北では1、2を争う人気の「饒河街観光夜市」。名前の通り饒河街に沿ってたくさんの屋台が並んでいるので比較的散策しやすい夜市ですねー。夜市内を歩いているとどうしても屋台に目が行きがちなのですが、もともと通りにある建物内で営業しているお店にも要注意です。中にはかなり人気のあるお店もあったりするんですよ。というわけで今回は「饒河街観光夜市」にある目立たないけど地元では人気の麺線のお店「東發號麵線」を紹介したいと思います。

※こちらの記事も合わせてどうぞ。

台北では外せない夜市「饒河街觀光夜市」で台湾グルメを食べ歩き

2020.05.29

カツオ出汁の効いたスープに牡蠣やモツのトッピング、台北のおすすめ麺線を紹介!

2020.08.15

東發號麵線

80年以上続く麺線の老舗

東發號麵線」は饒河街観光夜市で営業する麺線のお店。創業1937年ということなので80年以上の歴史がある老舗です。実はここミシュランガイド台北で2018年、2019年にプレートミシュランに選ばれた人気店なのです。

お店はちょっと奥まったところにあります。

メニューは「麺線」「肉羹」「油飯」の3種類。麺線だけでなく肉羹油飯も人気があるみたいです。

日本語の表記もありますね。麺線には「カキソーメン」と書かれてますが絵を見る限りモツも入ってるように見えます。油飯はそのまま「油飯」になってますが「おこわ」のようなものですね。

店内に入ったら口頭で注文して空いてる席に座りましょう。

勾芡(片栗粉)を使わないあっさり味の麺線

初めて来たのでまずは「麵線」を注文してみました。入り口のメニューのイラストの通り、やっぱり牡蠣の他にモツも入ってますね。ただ具の量はちょっと控えめかな。

麵線65NTD

箸、スプーン、調味料はテーブルに置いてあります。赤いのは油飯にかける甜辣醬、麺線には真ん中の烏醋をお好みでかけます。

牡蠣は小ぶりですがプリプリとしたいい食感。

モツもしっかり煮込まれているので柔らかくて味がよく染みています。麺線自体の味はややあっさりした印象。というのもの「東發號麵線」の麺線は「勾芡(片栗粉)」を使わずに毎日豚骨を煮てスープを作っているのです。このスッキリ味ながらも旨味のあるスープが人気の秘密というわけですね。

夜市の時間帯は混んでいることが多いですが、朝8時半から開いているので日中に来てみるのもいいかもです。今度来たらぜひ「肉羹」と「油飯」も食べてみたいですね。

店舗情報

住所 台北市松山區饒河街94號
営業時間
8:30~0:00
休日
 

スポンサードリンク