寧夏夜市近くのお店で食べた牡蠣とモツ入りの麺線 – 阿川蚵仔麵線




日本の台湾イベントでもよく見かけるのが「麺線」。そのせいもあるのかどういうわけか麺線は日本ではよく知られた台湾グルメの1つです。そして台湾で観光客に人気の麺線のお店は「阿宗麵線」。台湾旅行へ行った人のほとんどが訪れるであろう圧倒的な知名度のお店なのですが、もちろん他にも美味しいお店はたくさんあるんですよ。というわけで今回は寧夏夜市の近くにある麺線の人気店「阿川蚵仔麵線」を紹介したいと思います。

阿川蚵仔麵線

寧夏夜市近くの麺線のお店

阿川蚵仔麵線」はMRT雙連駅から歩いて5分ちょっとの民生西路沿いにある麺線のお店。「寧夏夜市」のすぐ手前ですね。

麺線は具無しの「清麵線」、牡蠣入りの「全蚵仔麵線」、モツ入りの「全大腸麵線」、牡蠣とモツの両方が入った「綜合麵線」の4種類。麺線の他にも「壽司」なんていうのがあるみたいですね。

口頭で注文したら空いてる席に座りましょう。

蚵仔とモツがたっぷり入った綜合麵線

注文したのは蚵仔とモツの両方が入った「綜合麵線」。予想以上にたっぷり入ってました。

綜合麵線60NTD

箸や調味料はテーブルに置いてあります。調味料は烏醋、辣椒、おろしニンニクなどあるのでお好みで。烏醋を入れると美味しいのでおすすめですよ。

柔らかく煮込まれているモツは旨味たっぷり。牡蠣とモツだと個人的にはモツの方が好きですねー。

よく見る麺線に入っている蚵仔に比べるとわりとサイズが大きいような気がしますね。そのせいかプリプリとた食感もより感じられて存在感があります。

とろみをつけたカツオ出汁のスープは意外にあっさり。優しい味なので朝ごはんに食べるにもピッタリですよ。

店舗情報

住所 台北市大同區民生西路198-17號
営業時間
7:00~17:00
休日

スポンサードリンク