台東の鐵花村近くで食べた牡蠣とモツ入りの麺線 – 客來吃樂 蚵仔麵線綠豆算刨冰 




台湾のB級グルメ「麺線」。日本でも最近よく台湾のイベントが開催されていますが出店するお店の中に「麺線」を見かけることが多いですね。それだけ日本でもよく知られている台湾グルメの代表格といっても過言ではないのでは。圧倒的に有名なのは台北の「阿宗麵線」ですが、もちろん他にも台湾各地に麺線のお店があるので地方都市へ行ったときにもぜひ食べてみてほしいものです。というわけで今回は台東にある麺線の人気店「客來吃樂 蚵仔麵線綠豆算刨冰」を紹介したいと思います。

客來吃樂 蚵仔麵線綠豆算刨冰

台東で3代続く小吃店

客來吃樂 蚵仔麵線綠豆算刨冰」は台東で3代続く麵線の老舗。どうも以前は「台東綠豆算」という名前だったようで麵線の他に「綠豆算」というスイーツも販売しています。

お店の場所は鐵花村の近くの新生路沿いです。老舗とはいってもお店はけっこうきれいですよ。注文は內用(イートイン)、外帶(テイクアウト)にかかわらず並んで行います。

メニューはこちら「大腸蚵仔麵線」「黑糖桂圓綠豆算」「綠豆算刨冰」の3種類。この日は「大腸蚵仔麵線」をいただきました。

お店に到着したときはけっこうお客さんがいたのですがすぐにみなさん食事を終えて帰って行きました。タイミングがよかったのかな。それでもテイクアウトのお客さんは何人も来てたみたいですね。

牡蠣とモツがたっぷりの麺線

ちょうどお客さんも減ってきたところだったのですぐにテーブル運ばれてきました。麺線には小ぶりの牡蠣とモツ(大腸)、それに香菜がトッピングされています。

大腸蚵仔麵線40NTD

スプーンはこちらから取ってきましょう。

調味料がテーブルに置いてあるのでお好みで使いましょう。左の黒いのは烏醋かな?

こちらは辣椒と蒜泥(おろしニンニク)。

烏醋だけかけてみましたよ。

牡蠣は小さいですがプリプリとしていい食感です。

麺線のトッピングといえば牡蠣がモツなのですが個人的にはモツの方が好きなんですよね。コリコリと歯応えがよく味もしっかり染みていて美味しいです。

カツオ節、ニンジン、タケノコなどを煮て作られたとろみのあるスープはとっても風味がよくて旨味たっぷり。器になみなみと入っているので意外にボリュームもありますよ。

今回は麺線を食べましたが今度来たらぜひ「黑糖桂圓綠豆算」と「綠豆算刨冰」も食べてみたいと思います。

店舗情報

住所 台東市新生路222號
営業時間
10:00~20:00
休日
 
FB

スポンサードリンク