地元の人に親しまれる高雄の老舗で食べた鴨肉料理 – 鴨肉和




日本ではあまり食べる機会がない、またちょっと高級なイメージのある鴨肉料理ですが台湾では安くて美味しい鴨肉料理が食べられるお店がたくさんあります。それに鴨肉を使った薬膳スープやもち米を鴨の血で固めた鴨米血など日本ではお目にかかれない料理も結構あります。せっかく台湾に来たのなら美味しい鴨肉料理もぜひ食べてみたいところです。というわけで今回は高雄の三民市場近くにある鴨肉料理の老舗「鴨肉和」を紹介したいと思います。

鴨肉和

三民市場近くの鴨肉料理専門店

三民市場近くの建國三路沿いにある鴨肉料理専門店。高雄市立三民國民小學という小学校のちょうど向かい辺りにお店があります。最寄り駅はMRT市議會駅ですが歩くと15分ほどかかるのでタクシーで行くのがいいかもしれません。駅の4番出口を出たところにCbikeのレンタルステーションがあるので自転車で行ってもいいですね。

こちらが鴨肉和。大きな赤い看板が目印です。鴨の親子のイラストにDUCK FAMILYって書いてあります。かわいいですね。でも食べられちゃうんだけどね・・・(笑)
お店の入り口にオーダーシートがあるのでこれを取って開いてる席に座りましょう。

店内は簡素なテーブルとイスが置いてあるだけでシンプル。壁の扇風機などいかにも台湾らしい雰囲気ですねー。

席に着いたらオーダーシートを記入。食べたいものにチェックを入れ、テーブル番号を書いて店員さんに渡します。

鴨肉料理を3種類

遅い時間でお客さんが少なかったせいかあまり待たずに料理が出てきました~。

當歸鴨麵線50NTD)、鴨肉切盤・一份50NTD)、豆芽韮菜+腸60NTD

メインの鴨肉。一份(50NTD)、(たぶん2人前くらい?)(120NTD)、1/4(150NTD)、半隻(250NTD)と分量が分かれているので人数に応じて注文するといいですね。


タレにつけていただきます。噛むと旨味が溢れてきて美味しい~。プリっとした食感の鶏肉とは違って柔らかいお肉がギューッと凝縮されたような独特の美味しさなんですよね。これはヤミツキになります。

鴨肉飯にしようか迷ったのですが、どうもこのときの気分がこちらだったので當歸鴨麵線を。黒っぽい色が特徴の漢方を使ったいわゆる薬膳スープに鴨肉と麺線が入っています。

當歸〇〇といった薬膳スープの料理は台湾のいたるところで見られ、中には結構漢方の匂いのキツいスープもあるのですが、ここのスープは比較的あっさりして飲みやすい。

ご飯代わりの麺線。スープを吸ってしっかり味が付いています。ツルツルと美味しく食べれますよ。

鴨肉切盤とは違ってスープでじっくり煮込まれホロホロに柔らかくなった鴨肉。こちらも美味しい。豪快にかぶりついて食べましょう。

豆芽韮菜+腸は腸をモヤシ、ニラと和えたもの。

腸のコリコリした食感とモヤシ、ニラのシャキシャキした食感がいいですねー。これも美味しいです。

鴨肉料理を3種類いただきましたがどれも美味しかったですよー。鴨肉飯、鴨肉麺、鴨米血など他にも食べてみたい料理がたくさんあるのでまた来てみたいですね。

店舗情報

住所 高雄市三民區建國三路395-1號
営業時間
10:00〜21:30
休日


おトクなセール情報


おすすめ記事

スポンサードリンク