保安路で食べた米糕は南部らしい甘い味付けが印象的 – 保安路米糕




台南にはいくつかのグルメスポットがあるのですが小西門圓環というロータリー付近にある保安路という小さな通りもその1つ。この保安路の西門路と海安路に挟まれた200mほどの間にはたくさんの小吃店が軒を連ねていて休日ともなると多くの人で賑わいます。また有名店も多く「阿明豬心冬粉」「阿村第二代牛肉湯」「醇涎坊古早味鍋燒意麵」といったお店はメディアにもよく取り上げらる人気店です。というわけで今回はここ保安路から「保安路米糕」を紹介したいと思います。

※こちらの記事も合わせてどうぞ。

台南のグルメスポット保安路へ、わずか200mの間に小吃店がぎっしり!

2019.01.25

保安路米糕

50年以上の歴史がある保安路の老舗

台南のグルメスポット「保安路」にやってきました。

保安路米糕」は西門路から保安路に入ってすぐの場所にある米糕の専門店。1961年創業ということなので50年以上の歴史がある老舗です。いい感じにくたびれた店舗がいかにも台南らしく何とも言えない雰囲気を醸し出してます。

小さなスペースですが店内に数席、店頭にもテーブルが出してあります。

メニューはテーブルに貼られています。もちろん人気なのは「米糕」。それにしても一番高いのでも60元なので安い。さすが台南ですね。

魚鬆がたっぷりのった南部の米糕

もちろん「米糕」を注文です。そして「米糕」と言えば「四神湯」が定番っぽいのですが「魚皮湯」を見つけてしまったのでこちらをいただきました。さらに「肉燥油條」も。

米糕30NTD)、魚皮湯40NTD)、肉燥油條20NTD

箸はテーブルに置いてあります。

調味料はこちらにあるのでお好みで。

こちらが「米糕」。筒形に形が整えられた北中部の「米糕」とは違って魯肉飯のような見た目です。糯米(もち米)に肉燥、小黃瓜(キュウリ)、花生(ピーナッツ)をのせ、さらに魚鬆(魚のでんぶ)をたっぷりとトッピング。この魚鬆が重要なんですよね。味の中心である肉燥は南部らしく甘味の強い濃い味が印象的です。

これもぜひ食べてほしい「肉燥油條」。油條(中華風揚げパン)に肉燥をかけたもので台南以外ではあまり見たことがありません。

サバヒーの皮入りのスープ「魚皮湯」。

皮と言ってもこの厚み。身がたっぷりついていて食べ応えがあります。個人的にこのスープが好きなんですよね。

値段も安くて気軽に美味しい米糕が食べられるお店です。保安路に来たときにはおすすめですよ。

店舗情報

住所 台南市中西區保安路16號
営業時間
10:00~22:00
休日


おトクなセール情報


おすすめ記事

スポンサードリンク