忠孝夜市の老舗で食べた米糕、台中では辣椒醬をかけて頂きます! – 味泉米糕




台中で有名な夜市と言えば「逢甲夜市」「一中街夜市」「中華路夜市」「忠孝夜市」などがありますがタイプが大きく異なります。「逢甲夜市」「一中街夜市」は学生街エリアにあるということで若者向けの流行を意識したお店が多いですね。そのため入れ替わりも激しく新陳代謝の活発な夜市です。対して「中華路夜市」「忠孝夜市」は老舗のお店の人気が根強く伝統的な小吃店が多いですね。今回は後者のタイプ「忠孝夜市」から地元住民に人気の老舗「味泉米糕」を紹介したいと思います。

味泉米糕

忠孝夜市で人気の老舗小吃店

忠孝夜市には老舗の小吃店がたくさんあるんですが味泉米糕もその1つ。夜市と言っても屋台ではなく建物の中にあるちゃんとした店舗です。

自助式と書いてありますが注文の仕方が半分セルフサービスのような感じです。

メニューはこちら。店名にあるように最も人気があるのが米糕。他にも肉焿湯というお肉のつみれが入ったとろみのあるスープも人気です。肉焿には麺が入った肉焿麵、ご飯が入った肉焿飯、米紛が入った肉焿米紛などのバリエーションがあります。

注文は入り口で口頭で行います。その場で料理を受け取るのでトレイを持っていきましょう。

こちらは肉焿湯。お肉のつみれがたっぷり入ったとろとろのスープです。

注文した料理が揃ったら清算して店内へ移動しましょう~。

お店の中は結構広々としています。席数もじゅうぶんありますね。飾り気のない簡素な内装だったり、壁に取り付けた扇風機だったりがいかにも台湾の食堂といった感じです。

辣椒醬でいただくのが台中流!

米糕と肉焿湯、それに乾麵を注文しました。

米糕35NTD)、肉焿湯40NTD)、乾麵35NTD

こちらは辣椒醬。いわゆるチリソース。台中ではなくてはならない調味料で小吃店のテーブルにはたいてい置いてあります。炒麺や乾麺、さらには蘿蔔糕、水餃、煎餃、滷味、肉粽、包子などあらゆる料理にかけて食べるんですよ。

郷に入っては郷に従え、というわけで地元の人にならって米糕と乾麵に辣椒醬をかけてみましたよ~。

まずは米糕。もち米を筒状の容器にいれて整えたケーキのような形が特徴の台湾の代表的な小吃の1つです。お肉や玉子が具として入っています。

もっちりとしたおこわのような食感でウマい。食べ応えもあります。甘辛い辣椒醬も相性がよくて一層美味しさを引き立ててくれます。

こちらは乾麺。汁なしの麺にニラ、もやし、肉そぼろが散らしてあるシンプルな麺です。

よくかき混ぜていただきましょう。乾麺自体はわりと素朴な味なのでこちらは辣椒醬が重要ですねー。

米糕と並ぶ人気料理の肉焿湯。たっぷりのお肉のつみれと細く見えるのは筍絲と呼ばれるタケノコを千切りにしたものです。旨味たっぷりのとろみスープはホッとする味。麺入りやご飯入りバージョンもおすすめです。

夜市とはいえ味に自信のある老舗が多いのが忠孝夜市の特徴ですねー。味泉米糕も間違いなくそんなお店の1つなのでぜひ行ってみてくださいね。

店舗情報

住所 台中市南區忠孝路151號
営業時間
15:30~0:00
休日


おトクなセール情報


おすすめ記事

スポンサードリンク