板橋の南雅夜市(湳雅夜市)で行列必至の麻油鶏屋台 – 板橋王記好吃麻油雞

2017021101_1
スポンサードリンク

麻油雞とは鶏肉を生姜と麻油で炒めて米酒で煮込んだ料理。生姜の効果もあって食べると体の芯から温まり、冬場に好んでよく食べられます。スープは体によいと言われていて特に出産後の女性にすすめられると言います。今回紹介するのは板橋の南雅夜市(湳雅觀光夜市)にある地元の人に大人気の麻油雞専門屋台の板橋王記好吃麻油雞。店名が「美味しい麻油雞」というのが強気ですね(笑)。しかしそう名乗るのも納得できるほどの美味しい麻油雞の人気店なのです!

板橋王記好吃麻油雞

常に人だかりができる人気店

板橋の南雅夜市(湳雅觀光夜市)は、MRT府中駅の西側の南門街(館前西路を過ぎると南雅南路という名前に変わる)を南へ下って行くと南雅東路と交差するところに「湳雅觀光夜市」と書かれた看板のある入口が見えてきます。ここから館前西路までの南雅東路上が夜市となっていて屋台がズラッと並んでいます。

板橋王記好吃麻油雞は入口から比較的すぐの場所にお店を出していて、明るいオレンジ色の看板と鍋からもうもうと立ち込める湯気が活気のあることを伺わせます。
2017021102
多いときはこんな感じで、お店の前で行列が2度3度と折り返しています。列に並ぶときは隣の屋台の前をふさがないように注意して適当に折り返すようにしましょう。お店の人に怒られてしまうのです。
2017021104
テイクアウトは後ろ側で注文。鍋担当は忙しいので注文を受け付けない。と書かれていますね(多分・・・)。この屋台では結構イートインする人が多いので順番が回ってくるのにちょっと時間がかかりました。

メニューは雞腿雞塊麻油麵線・湯(スープあり)、麻油麵線・乾(スープなし)の4種。人気は雞腿、130元と値段も一番高いです。
2017021103
大鍋に投入された大量の鶏肉をスコップで豪快に煮込んでいきます。
2017021105
2017021106
2017021107

呼ばれたら空いてる席へ

順番が来ると屋台のボスらしき恐そうな(実際コワイ)オッサンが「一位(イーウェイ:ひとり)」とか「二位(リャンウェイ:ふたり)」とか言って空いてる席にすわるよう促されます。
注文はいつすればいいのだろう・・・ と疑問に思いながら席へ。

席は屋台の左側に結構なスペースが確保されています。ただ見ての通り大人気なのでギュウギュウ詰め。
2017021108

席についてから注文

席に着いても注文をとってくれないし席を離れるわけにもいかず、どうしたもんだろう・・・としばらく待ってたのですが、埒が明かないので前の席の人に「どうやって注文するの?」と聞いたら「待ってたらいいよ」と教えてくれたのでもうしばらく待つことに。しかし一向に店の人が来ず、前の席の人が耐え兼ねて近くに店員が来た時に呼んでくれました。ありがとう。

もちろんイチオシの雞腿を注文しようとしたのですが、残念ながらタイミングが悪く売り切れ。仕方なく雞塊を注文しました。さっき鍋で豪快に調理中だったのが多分雞腿だと思います。運悪く調理中の状態だったのだと思います。

雞塊(100元)
2017021109
鶏の身がゴロゴロと入った雞塊。麻油のスープのいい香りが漂ってきます。生姜と麻油のおかげで食べると体の芯から温まってきますね(まあ、台湾はそんなに寒くないのですが(笑))。生姜と麻油に加えて米酒で煮込まれた鶏肉は意外なほどアッサリ。ホクホクとして美味しいです。
2017021110
テーブルには調味料が置いてあるのでお好みで。赤いのは甜辣醤かな・・・? 辛いのは違いないと思います。
2017021111
辛いのは苦手なので黒い方の醤油膏だけ使いました。
2017021112
ここ板橋の南雅夜市は台北市内の有名夜市とは違い観光客の姿はほぼ見かけません。ローカルな雰囲気を味わうにはもってこいの夜市ですよ。今回紹介した板橋王記好吃麻油雞をはじめ地元の人に人気の美味しい屋台が他にもいろいろとあるので是非足を延ばしてみてください。
2017021113

店舗情報

住所 新北市板橋區南雅東路15號前
営業時間
18:00〜1:00
休日

スポンサードリンク
2017021101_1