お母さんのレシピで作る台南のかわいい滷味店 – 鳳滷味

2016111501
スポンサードリンク

台南では近年の観光ブームを追い風に若者が挙ってお店をオープンしています。特によく見かけるのが老房子を利用したカフェや民宿。その他自作のスイーツやジュースの販売を行う屋台や、コーヒースタンドなども目にします。本当に街の雰囲気を一変させるほどの勢いですね。そんな中、新しいスタイルでお店をオープンすることには変わりないのですが提供する料理は従来の形を崩さず昔ながらの味を守るという、今の流行りとはちょっと一線を画したお店を紹介します。

鳳滷味

お洒落なコーヒースタンドのような店舗

お店の場所は成功路から康樂街を入ってすぐのところです。康樂街に入ると左手にブルーのようなグリーンのような色のプレハブの建物があり、鳳滷味はここで営業しています。店員さんも若い女性でパッとみた感じちょっとお洒落なコーヒースタンドのように見えますが、売っているのは滷味。滷味とは醤油ベースの出汁で肉、野菜、練り物などの具材を煮込んだ料理で台湾では非常にポピュラーなB級グルメです。日本のおでんに似ていますが、おでんは具を数時間煮込むのに対して滷味は数分程度煮込むだけで出来上がります。屋台や簡素な店舗の場合が多く、並べられた具材の中からお客さんが自分の好きな物を選んで煮込んでもらうというスタイルが一般的です。口頭でのやり取りが多いので外国人にとっては注文のハードルが高い料理の1つでもあります。

お母さんのレシピで作る滷味

「鳳滷味」と、白地に赤い文字と鳥の絵がかわいいロゴ。この「鳳」というのはオーナーのお母さんの名前から取ったものだそうです。お店で作る滷味は昔からお母さんが作っていた滷味のレシピが使われているそうで、この味でみんなに食べてもらいたいという思いが込められているのです。

注文してみましょう

ケースにずらっと具材が並んでいます。この中から自分の食べたいものを選びます。野菜はえのきや白菜、ヤングコーン、キャベツなど。肉類は豚の頭の皮や頬肉、鳥の脚の部分、羽の部分など。その他、豆干や豆皮、鴨米血など我々にはちょっと馴染みのない食材もあります。どれも値段はほぼ10元~30元程度です。
2016111504
2016111505
あと忘れてはいけないのがこれ、インスタント麺。これを一緒に煮込んでもらうと美味しいのです。
2016111506
選んだら店員さんに渡して調理してもらいます。
2016111507
具材をザクザクと切り分けて・・・
2016111508
2016111509
鍋に投入。
2016111510
十数種の漢方などから作られた秘伝の出汁でグツグツと煮込みます。この出汁にお店それぞれのレシピがあって人気を左右するようですね。
2016111511
数分煮込んだら完成です。
2016111512
出来上がり! 美味しそうです!

滷味(具材6種+科學麵)(160元)

テイクアウトがメインなのでテーブルは1つ

そもそも滷味はテイクアウトが基本で、屋台などでも席を設けていないケースが多いです。チェーン店などでは席がある場合もありますがテイクアウトしていくお客さんが多いです。こちらのお店も一応席はありますがテーブルは1つだけなので他にお客さんがいる場合は必然的に相席になります。
2016111514
テイクアウトする場合はこのカップに入れてくれます。かわいいですね。

選んだ具材は鴨米血(もち米を鴨の血で固めたもの)、玉米筍(ヤングコーン)、百頁豆腐(押し豆腐)、豆干(干し豆腐)、娃娃菜(白菜)、あとオーナーのお薦めで芋粿(タロイモを練って固めて蒸したもの)も。ちょっと多すぎたかも(笑)、2人でこのぐらいでいいのではないでしょうか。でもこれでたったの160元です。安い!!
醤油ベースの出汁がよく染みて美味しいです。日本人なら好きな味だと思います。個人的には豆干と白菜が好きですね。鴨米血やタロイモなどモチモチした食感の具材を1つくらい入れておくと食べ応えもあっていいのではないかと思います。
2016111516
インスタント麺は科學麵(上の写真、青と黄色のパッケージ)を選びました。科學麵とは台湾に昔からある即席麺でベビースターのような感覚でそのまま食べてもいいし、お湯を注いでもよし。またコンビニのおでんに入れるという食べ方もある台湾のB級グルメです。こちらも出汁を吸って美味しく出来上がっています。滷味を食べるときは必ずこの科學麵や王子麵(これもインスタント麺)を入れてもらいます。
2016111517
2016111518
辛いのが好きな方はテーブルにある調味料をを入れるとよいでしょう。またこんなものも売ってました。手作りのラー油。1つ買って帰ればよかったな・・・。今度行ったら買ってみます。
2016111520

滷味は注文のハードルが高いがおすすめ

お店を訪れたとき、ちょうどオーナーの友人2人がお客さんとして来ていたので相席をしていろいろと会話をしながら滷味を食べていました。3人はサーフィンの仲間のようです(どうりで3人ともちょっとアスリートの雰囲気を感じると思いました)。自分はサーフィンはしないのですが台北にサーフカフェを経営している知人がいるという話をすると、なんとそれが友人だとか。世界は狭いと感じました(笑)。因みにそのサーフカフェはこちら。

海好き仲間のサーフカフェ - 開燈咖啡 Dawn Surf & Co. Cafe

2016.11.12
滷味はなかなか注文するのが難しくてハードルが高いのですが美味しいので台湾に来たら食べて欲しいB級グルメの1つです。鳳滷味のオーナーは英語が堪能で親切にいろいろとアドバイスしてくれるので比較的コミュニケーションが取りやすいと思います(因みに友人2人も英語がペラペラでした)。間違いなくお薦め、ぜひ行ってみて欲しいお店です。

店舗情報

住所 台南市中西區康樂街411號
営業時間
17:00~23:30
休日
FB 鳳滷味


おすすめ記事


おトクに台湾旅行に出かけよう

スポンサードリンク
2016111501