おなじみヒゲ面の魯肉飯チェーン店へ行ってみた – 鬍鬚張 Formosa Chang




台湾グルメと言えば必ず出てくるのが魯肉飯。日本でもたまにコンビ二弁当に登場するほど知名度の上がっている台湾の庶民的な料理の代表格ですね。台湾に行ったらぜひとも本場の魯肉飯を食べてみたいものですね。特に台北には根強い人気を誇る魯肉飯の名店がたくさんあります。今回はその中の1つ、ヒゲ面の看板で有名な魯肉飯のチェーン店「鬍鬚張 Formosa Chang」を紹介したいと思います。

鬍鬚張 Formosa Chang

ヒゲちょうの愛称で知られる魯肉飯チェーン

台湾に60店舗ほどを展開する魯肉飯チェーンの鬍鬚張 Formosa Chang。実は日本にもお店があります。以前は東京や神戸にも出店していたようですが現在は石川県で2店舗が営業しているようです。なぜ石川県なのかは謎ですが日本でも食べることができるんですね。
参考:鬍鬚魯肉飯(ひげちょうるろうはん)

このヒゲ面が目印。台湾に行ったことがある人の中には「見たことある!」という人もいるのでは。
今回やって来たのは寧夏夜市にある美食文化館です。さすがにチェーン店だけあって綺麗な外観ですねー。

店内も清潔感があります。魯肉飯は食べたいけど雑然としたお店はちょっと苦手、という人でも安心して入店できます。

2階にも席があるのでスペース的にも問題ありませんね。

メニューは写真入りで分かりやすいです。魯肉飯の他にも雞肉飯、蹄膀(豚の腕の付け根の肉)、唐山排骨、椒麻雞などなど美味しそうな料理がいろいろと揃っています。スイーツまでありますねー。
 
注文はオーダーシートに記入して店員に渡します。

トロトロに煮込まれたお肉が美味しい魯肉飯

魯肉飯に野菜の副菜、スープを注文。

魯肉飯39NTD)、水耕A菜55NTD)、菜頭湯45NTD

こちらが鬍鬚張の魯肉飯。形を留めないほどトロトロに煮込まれたお肉が特徴。ご飯が全て隠れるほどたっぷりと魯肉がかけられてます。お肉がチョロッとだけかけてある魯肉飯のお店がたまにあるんですよね(笑)。付け合わせには奈良漬けのような漬物が。

味の方はというとクセがなく食べやすい印象ですねー。チェーン店っていうとなんとなく無難なイメージがあるんですが、やっぱり人気があるからチェーン展開できるわけだしさすがの美味しさですね。

A菜の炒め物。変わった名前ですが逆さまに持つとAの形をしているからA菜なんだとか。

シャキシャキした歯応えがよい。やや苦みのあるA菜とタレを絡めて食べるとウマいですね。それにしてもこんなに量があるとは思いませんでした。魯肉飯よりボリュームありそうですよね。

大きな大根の塊がゴロゴロと入った菜頭湯。かなりのあっさり味です。大根はじゅうぶん煮込まれてるので柔らくて美味しいのですが個人的にはもうちょっと味が濃くてもいいかな。

ごちそうさまでした。やっぱりチェーン展開してるだけあって美味しい魯肉飯でした。メニューも豊富なので大人数で来るといろんな料理が楽しめるのでよさそうですね。

店舗情報

住所 台北市大同區寧夏路62號
営業時間
11:00~1:30
休日  
FB 鬍鬚張 Formosa Chang


おトクなセール情報


おすすめ記事

スポンサードリンク