三重の超人気店で食べた激ウマ豚足と魯肉飯 – 五燈獎豬腳魯肉飯




板橋や永和とともに台北市のベッドタウンとして知られる三重区は台北市ではなく隣の新北市の街です。淡水河を挟んで台北市の西側にあるのですがMRT中和新蘆線が通っているし、また昨年(2017年)完成した桃園MRTも三重区を通っているのでわりと簡単に台北市内から行くことができます。実はこの三重区には美味しい魯肉飯のお店が集中していることで知られています。中でも今大魯肉飯、蓮霧魯肉飯、店小二魯肉飯、五燈獎滷肉飯、唯豐魯肉飯の5店は三重の5大魯肉飯などと呼ばれる超人気のお店なのです。というわけで今回はその中の1つ「五燈獎豬腳魯肉飯」に行ってみたので紹介したいと思います。

五燈獎豬腳魯肉飯

三重の人気魯肉飯店の1つ

五燈獎豬腳魯肉飯は三重に2店あります。1つはMRT台北橋駅から歩いて6、7分ほど正義路沿いにある本店。もう1つは本店から北に500mほど離れた自強路沿いにあります。今回は正義路沿いにある本店の方を訪れました。入口には五燈獎豬腳と書かれたピンク色の看板が目立っているのですぐにお店の場所は分かりましたよ。
2018030902
入って左側がキッチンになっています。ちょうど夕食時なので料理を選んでいるお客さんでいっぱいですね〜。
2018030903
まずは入口に置いてあるトレイを取り、列に並んで好きな物を注文して受け取っていくという流れです。実は個人的に結構苦手なシステムなんですよね。あんまり考える余裕がないので焦ってしまうのです。
2018030904
メインの料理はメニューに書きだされています。五燈獎豬腳魯肉飯は店名を見ても分かるように魯肉飯の他に豬腳(豚足)も人気です。どちらかというと豬腳の方がメインですよねたぶん。
2018030904_1
まずは魯肉飯豬腳を注文します。両方とも同じ鍋で煮込まれているようですが、それにしても豪快ですねー。
2018030905
魯肉飯をよそってもらいます。
2018030906
続いて豬腳を切り分けてもらっています。
2018030907
後方にはメニューにはのっていない小菜がズラッと並んでいます。なくなってくるとどんどん補充されています。
2018030908
小菜は欲しいものを指差しで注文すればOK。ホントに指差しで注文してますよね・・・
2018030909
スープも注文しました。これもメニューには「湯 一律20元」としか書いてないので、見て食べたいものを選びましょう。
2018030910
最後に清算します。なんか学食みたいですね。
2018030911
清算したら空いてる場所に座ります。結構奥行きがあって広いので席を確保するのはそれほど困らないと思いますよ。
2018030912
箸や調味料はテーブルに置いてあります。
2018030913

ほろほろの豬腳(豚足)が絶品!

注文したのは魯肉飯豬腳にスープ、小菜を1つずつ。美味しそうー! ではいただきま~す。

魯肉飯25NTD)、豬腳・小100NTD)、金針貢丸湯20NTD)、絲瓜25NTD

まずは魯肉飯。醤油ベースのほどよい甘さの魯肉が美味しい。八角などの独特の香りはほとんどないので誰でも食べやすい味だと思いますよ。豬腳を白ご飯と一緒に食べたいのでちょっと魯肉とご飯のバランスを考えながら食べてます。

この豬腳が最高! ホロホロと崩れるほど柔らかく煮込まれ、味付けも日本人好みですよ。脂身ばかりでなく赤身の部分もしっかりとあるので肉々しい食感もあります。これはご飯が進むこと間違いなしです!

これは絲瓜、ヘチマを煮たものですね。意外にあっさり味でシャクシャクとした食感で美味しいですよ。魯肉飯豬腳が濃い味なのでさっぱりした味でいいですね。

金針花肉のすり身団子が入ったスープ。金針花は台湾ではスープによく使われますね〜。見た目の通りあっさり味のスープです。

これだけ食べても175元は安い! 台北からすぐ近くにこれだけ安くて美味しいお店があるのです。これは来ない手はありませんよ。
2018030920

店舗情報

住所 新北市三重區正義北路38號
営業時間
9:00〜22:00
休日  


おトクなセール情報


おすすめ記事

スポンサードリンク