台中第二市場の三大魯肉飯の1つ、深夜ならこのお店 – 李海魯肉飯

スポンサードリンク

台中第二市場に台湾大道側から中に入るとすぐに3つの魯肉飯のお店が向かい合うように営業しています。いかにも3軒が凌ぎを削っているといった構図でどうしてこんな配置にしたんだろう、と不思議に思うのですが同じ場所に同種のお店が3軒も集まっているという話題性からかメディアやブログで取り上げられることが多くどのお店も大人気なのです。今回はその中で唯一夜間に営業を行っている李海魯肉飯に行ってみましたのでご紹介します。

李海魯肉飯

3軒のうち唯一夜間営業のお店

台湾大道側の入口から市場に入ると右手に山河魯肉飯、左手に聰明魯肉飯、そして正面に李海魯肉飯が店舗を構えています。聰明魯肉飯と李海魯肉飯が日中営業しているのに対して李海魯肉飯は夜間の営業となっています。

ご覧のように中に入ると両サイドは営業時間外で静かですが、奥は灯りがついていて人が賑わっていますね。
2017060902
李海魯肉飯は創業80年以上の老舗。主力の魯肉飯を中心に肉燥飯や筋飯、スープ類に店頭に並んだ豊富な小菜といったメニューです。
2017060903
オーダーシートは無さそうなので口頭で注文します。もちろんメインは魯肉飯、それにスープは蝦仁湯をお願いしました。
2017060904
更にズラッとならんだ小菜から見た目で適当に1品注文。
2017060905
注文を終えたら適当に開いてるテーブルを探して座ります。
2017060906

魯肉飯・・ だけどどう見ても爌肉飯

席に着いてほどなく料理の到着。うーん、美味しそう。他の2店もそうなのですが魯肉飯とは言っていてもどう見てもこれ、爌肉飯なんですよね。なんでここの3店は魯肉飯て呼んでるんだろう?

この脂身と赤身のバランスがよい見た目が爌肉飯(ここでは魯肉飯と呼ばれてますが)の魅力の1つ。

魯肉飯(小)(50NTD

箸で簡単に切れるほどホロホロに柔らかく煮込まれた豚肉。もう美味しくないわけがありませんね。プルプルの脂身の部分としっかり味の染みた赤身の部分を一緒に食べると最高!

小ぶりのエビと刻んだ生姜が入ったスープ、蝦仁湯

蝦仁湯40NTD

小菜20NTD

3品合わせても110NTDととってもリーズナブル。夜、台中第二市場に行ったならぜひとも食べてみて欲しい李海魯肉飯の魯肉飯です。

店舗情報

住所 台中市中區三民路二段87號(第二市場內)
営業時間
17:00〜5:00
休日  

スポンサードリンク