美乃滋(マヨネーズ)が決め手! 嘉義で食べた変わり種涼麵 – 公園老店涼麵




そば、うどん、そうめんといった日本の麺料理には温かいものも冷たいものも両方ありますよね。台湾にも麺料理はたくさんありますが冷たい麺というのはまず見かけないですね。しかし全くないかと言えばそういうわけでもなくて「涼麵」というのがあるのです。字こそ違いますが日本の冷麺にそっくりのでスープ無しの冷たい麺にゴマだれをかけて刻んだキュウリをトッピングしたものが一般的です。台湾に来たら牛肉麺や麺線だけでなくぜひ「涼麵」も食べてみてほしいものです。というわけで今回は嘉義にあるちょっと変わった「涼麵」のお店「公園老店涼麵」を紹介したいと思います。

公園老店涼麵

嘉義公園近くの涼麵店

嘉義の新生路沿いにある涼麵のお店「公園老店涼麵」。てっきり向かいに公園でもあるのかと思ったらそうではないようです。確かに近くに嘉義公園っていう大きな公園があるんですが店名にするほどの距離かな(笑)?

一応オーダーシートがあるんですが直接注文してしまいました。まだ開店して間もなかったので他にお客さんがいなかったので問題ありませんでした。混んでるときはオーダーシートに記入しましょう。

こちらがメニュー。普通の涼麵のお店とはちょっと違う点が2つ。1つは涼麵に「寬麵」と「細麵」の2種類があること。招牌とかかれてるように寬麵の方がおすすめのようです。もう1つは涼麵のお店と言えば味噌湯、蛋花湯、貢丸湯、さらに3つを合わせた三合一が付きものなんですが、こちらではスープに肉羹を採用しています。

平打ち麺を使った涼麵のタレはごまダレとマヨネーズ

注文したのはもちろん「涼麵」。麺はおすすめの寬麵を選択。それとスープに「香菇肉羹湯」をいただきました。

涼麵・寬麵・小40NTD)、香菇肉羹湯・小40NTD

涼麵にかかっているタレは麻醬(ごまダレ)、それに白いのが美乃滋(マヨネーズ)です。白と茶色のコントラストがなんとも鮮やかですねー。それとタレの下に隠れて分かり難いですがキュウリがトッピングされています。

麻醬(ごまダレ)と美乃滋(マヨネーズ)をよく混ぜていただきます。寬麵はやや幅のある平打ち麺。一般的な細麺の涼麵に比べると珍しいですね。美乃滋(マヨネーズ)は日本のものとは違って脂っぽさがなく酸味も控えめでかなりあっさりした味です。やや甘味があってこれならくどくなくて涼麵にもよく合いますねー。

お好みで調味料を加えてもいいですね。左はニンニクペースト。右は辣油。辣油をちょっとかけてみたんですが辛くてムリでした(笑)。辛いのが好きな人はどうぞ。

こちらは「香菇肉羹湯」。つみれとキノコが入ったとろみのあるスープです。これはスープのみですが他にも米粉入り、麺入り、ご飯入りなどのバリエーションがあります。

一風変わった涼麵が食べられるお店です。嘉義に来たときはぜひお試しを。

店舗情報

住所 嘉義市東區新生路171號
営業時間
9:00~17:00
休日


おトクなセール情報


おすすめ記事

スポンサードリンク