台北の後山埤駅近くにある地元客で賑わう涼麵店に行ってみました – 永吉涼麵




台湾の朝食といえば豆漿店の餅、油條(揚げパン)燒餅、包子、また早餐店のハンバーガー、サンドイッチなどがよく知られているのではないでしょうか。実はこの他に涼麵も朝ごはんによく食べられています。日本でも冷麺はありますが朝から食べるというのはちょっと違和感ありますよね。でも台湾には朝早くから営業している涼麵の専門店がたくさんあるんですよ。というわけで今回はMRT後山埤駅近くにある涼麵の人気店「永吉涼麵」を紹介したいと思います。

永吉涼麵

地元客が行列をつくる人気店

MRT板南線に乗って南港方面へ。市政府駅を過ぎて2つ目の駅が後山埤です。あまりこの辺りまでやって来る観光客はいないでしょうね。「永吉涼麵」はその後山埤駅から歩いてすぐの場所にある涼麵の専門店です。営業時間は早朝から昼過ぎまでなので朝食、昼食の対象のお店。この日は朝ごはんを食べにやって来ました。

ご覧のように地元のお客さんで大賑わい。行列ができてますねー。入り口にこんな風に行列ができていると我々外国人観光客はどうしていいか悩んでしまうんですよね。

店内をよく見ると空いてる席があるわけで思った通りこの行列は外帶(テイクアウト)のお客さん。內用(イートイン)なら店内に入ってOKです。

よく見ると入り口に日本語表記のメニューが貼ってありますよ。「店内でご利用の場合は、先にレジでご注文とお会計をお願いいたします。」と。なるほどね。

店内にもメニューが。さっきの分かりやすいメニューを店内に置いといてくれればいいのに・・・ まあこれでも分かるのでいいんですがね。

さて、とりあえず席は確保ですがレジがない・・・ レジどこ・・・ 表の並んでるところは外帶(テイクアウト)用なので違うんですよね。


よくみると柱に「內用請在此點餐(イートインはここで注文してね)」って書いてます。レジって書いてたからそれらしいのを探してたんですが、普通の作業場所みたいな感じだったので気付きませんでしたよ(笑)。ともかく座って作業してるおばちゃんに注文です。

原味涼麵と味噌綜合湯

永吉涼麵」はメニューはちょっと変わってて涼麵が4種類あります。一般的な「原味涼麵」の他、肉燥(肉そぼろ)がのった「肉燥涼麵」、榨菜(ザーサイ)と肉絲(細切りの豚肉)がのった「榨菜涼麵」、そしてニンニク抜きの「素食涼麵」です。またサイズが大中小と選べるのも特徴的。今回はオーソドックスな原味涼麵の中サイズと味噌綜合湯を注文しました。注文時に辛いのがいいかどうか聞かれるので、辛くするなら「要」、いらなければ「不要」と答えましょう。

原味涼麵・中45NTD)、味噌綜合湯45NTD
 麺には淡い色の芝麻醬(ゴマだれ)とキュウリのトッピング。すりおろしたニンニクもありますね。中サイズとは言えなかなかのボリュームです。

卓上には酢や辣油があるのでこちらはお好みで。

底の方にタレが沈んでいるのでよくかき混ぜて食べましょう。

このポソポソとした麺の食感が台湾の涼麺の特徴。はじめて食べると違和感があるかもしれませんが慣れるとこれが結構病みつきになります。ややあっさりしたゴマだれですがニンニクが効いててパンチのある味です。

涼麵のお店にはだいたい「味噌湯」「蛋花湯」「貢丸湯」の3つがお約束のようにメニューに並んでます。そして3つをミックスした「三合一湯」というのも必ずと言っていいほどあるんですよ。「永吉涼麵」では「味噌綜合湯」という名前でメニューにのってました。これが大好きで涼麵のお店に来たら必ず注文するんですよねー。

味噌湯にたっぷりと入った溶き卵が味をまろやかにして美味いんですよこれが。冷たくてやや酸味のある涼麵の味に対して熱々で卵のふわふわ感のあるスープがちょうどいいバランスなんです。

原味涼麵」の他にも「肉燥涼麵」や「榨菜涼麵」も人気があっておすすめ、またニンニクが苦手な人は「素食涼麵」がいいですね。繁華街からはやや離れた場所ですがちょっと遠出して行ってみる価値ありですよ。

店舗情報

住所 台北市南港區玉成街154號
営業時間
6:30~14:30
休日


おトクなセール情報


おすすめ記事

スポンサードリンク