西門町で食べた激ウマ焢肉飯と刈包 – 一甲子餐飲 祖師廟焢肉飯、刈包




台湾グルメの「ご飯もの」の中では魯肉飯や排骨飯の影にやや隠れがちなのが「焢肉飯」。トロトロに柔らかく煮込まれた豚角煮がご飯にのった焢肉飯は他の台湾グルメに決して見劣りしない美味しさ。個人的には大好きなので「もうちょっと人気があってもいいのになー」と思っています。台中や彰化など台湾中部の「爌肉飯」に比べると台北の「焢肉飯」はちょっとインパクトに欠けるからなのかな? でも台北にもなかなか迫力のある焢肉飯が食べられるお店があるんですよ。というわけで今回は西門町にある焢肉飯が美味しいお店「一甲子餐飲 祖師廟焢肉飯、刈包」を紹介したいと思います。

一甲子餐飲 祖師廟焢肉飯、刈包

焢肉飯と刈包がおすすめの小吃店

一甲子餐飲 祖師廟焢肉飯、刈包」はMRT西門駅から歩いて10分ほどの康定路沿いにある小吃店。店名が実に分かりやすくてその名の通り「焢肉飯」と「刈包」がおすすめのお店です。

半分屋台のようなお店で店頭の歩道にテーブルを出して席を作っています。

こちらがメニュー。なんだか「焢肉飯」「刈包」よりも「麻豆碗粿」の方が目立ってますがこちらもおすすめのようです。オーダーシートはないので席を先に確保して口頭で注文しましょう。

トロトロに柔らかい大きな角煮が絶品!

麻豆碗粿」も気になったのですがここはやっぱり当初の予定通り「焢肉飯」と「刈包」を注文。それに「油條魚丸湯」もいただきました。

焢肉飯70NTD)、刈包45NTD)、油條魚丸湯30NTD

まずは「刈包」から。真っ白いきれいな皮に角煮、酸菜、花生粉、そして香菜がトッピングされています。

予想以上に大きかった! 見てこのボリューム。豚の五花肉を使った角煮はもう今にも崩れ落ちそうなほどトロトロ。それにたっぷりとトッピングされた花生粉(ピーナッツ粉)がよく合うのです。角煮の味はかなり濃いのですがモッチリした皮とのバランスが良くてウマい。

スープには「油條魚丸湯」を選んでみました。コロコロとかわいい魚のつみれと・・・

朝ごはんでお馴染みの油條(中華風揚げパン)が小さくカットされて入っています。

さていよいよ「焢肉飯」を食べてみましょう。大きな角煮に隠れて見えませんが実はご飯は滷肉飯になっています。さらに豆干、小黃瓜(キュウリ)、酸菜、それにピリ辛の菜脯(タクアン)もトッピング。

豆干がなかなか味がしっかり染みていて美味しいですね。

見てくださいよこの角煮! 箸で持ち上げようとすると重みに耐えられずに崩れるほどの柔らかさ。台湾中部の爌肉飯に比べて台北のはお肉がちょっと薄い傾向があるのですがここの角煮はなかなかいい勝負になりますねー。お肉の中までじゅうぶん味が染み込んでいて絶品の美味しさです。

台北で美味しい焢肉飯が食べたいなら間違いなくおすすめのお店ですよ。

店舗情報

住所 台北市萬華區康定路79號
営業時間
9:00~19:00
休日
FB

スポンサードリンク