台中駅裏側エリアにある激ウマ爌肉飯のお店 – 蕭爌肉飯

スポンサードリンク

台中駅の近くにある絶品爌肉飯のお店。台湾で〇〇飯といえばやっぱり最初に出てくるのは魯肉飯ですよね。もちろん魯肉飯も美味しいのですが、この爌肉飯(控肉飯とも書きます)をぜひ食べてみて欲しいですね。ご飯の上に豚の大きな角煮がのったそのインパクトのあるルックスは誰もが「美味しそう!」と思うはず。そして台中には美味しい爌肉飯のお店がたくさんあるのです。今回はそのうちの1つである蕭爌肉飯を紹介します。

蕭爌肉飯

観光客のいない台中駅の後面側

蕭爌肉飯は台中駅の後面側(南側)にあるお店です。有名なお店や観光スポットの多くは正面側にあるので、あまり駅の後面側に来たことがある人はいないのではないでしょうか。後面側も実はいろいろとお店があって結構活気のある場所なのです。有名な忠孝夜市があるのも後面側ですね。

お店の場所は駅から歩いて10分ほどの大智路沿いです。建物はなんだか倉庫か工場のような雰囲気ですね。
2017031902
2017031903

柔らかく煮込まれた絶品の角煮

オーダーシートはなく入口で口頭で注文します。
2017031904
口頭で注文しなければならないのですがメニューの数は多くないので比較的簡単だと思いますよ。あらかじめ紙に書いておけば安心ですね。

ご飯ものは爌肉飯豬腳飯のみ。やっぱりおすすめは爌肉飯ですね。白ご飯と別々に注文することもできます。
2017031907
「今日湯品」とその日注文可能なスープが書かれています。この日は金針湯、紫菜湯、味噌湯。それにしても10元とは安い(笑)。

金針湯は金針菜(萱草:カンゾウという花のつぼみを干したもの)のスープ、紫菜湯は海苔のスープ、そして味噌湯は味噌汁のことです。
2017031908
注文するとその場でよそってくれます。
2017031905
手前にあるのは付け合わせの酸菜。
2017031906
お店の看板に店名と並んで「大川醤油」と書かれてあるのですが、醤油や醤油膏の販売も行っているようです。
2017031909
席は店の奥に数席用意されています。
2017031911
店頭にもテーブルが出してあるので好きな場所で食べましょう。
2017031910
こちらが爌肉飯。ご飯の上に大きな角煮がドーンとのった堪らないビジュアルです! 台湾といえば魯肉飯が有名ですが、個人的にはこの爌肉飯の方が断然好きですね。

爌肉飯60元

肥肉(脂身のこと)が多すぎるともったりした感じになるし、瘦肉(赤身のこと)が多すぎるとパサパサした感じになりますが、これは肥肉と瘦肉のバランスが良くていい感じですね。

箸で簡単に崩れるほど柔らかくて煮込まれた豚肉は絶品。味付けもちょうど良くご飯によく合います。

付け合わせは酸菜。爌肉飯には大抵お肉と一緒に付け合わせがあって(無い場合もあります)、お店によっていろいろですがこの酸菜が一番好きですね。

いわゆる日本の味噌汁です。日本のものと比べるとちょっと味が薄い印象ですが問題なく美味しいですよ。発音も「ミソタン」で通じるようです。注文するときに中国語の発音で「ウェイチェンタン」と言ったのですが(もちろんこれでも通じます)、他のお客さんが「ミソタン」と注文してました(笑)。正確には「ミーソータン」と言ってるように聞こえましたね。

味噌湯10元

お店朝5時という早朝から開いています。朝早くから周辺の住民が朝ごはんを食べにゾロゾロとお店にやって来てました。台中では朝食に爌肉飯というのも一般的なのですね。

実際、量もほどほどなので朝でも意外にペロリといけてしまいます。早起きして地元の人に交じって朝ごはんに爌肉飯というのがいかがでしょうか。
2017031916

店舗情報

住所 台中市東區大智路183號
営業時間
5:00〜14:00
休日  日曜

スポンサードリンク