マンゴーはやっぱり南国! 必ず食べたい高雄のおすすめマンゴーかき氷4選!




夏に台湾へ行ったらマンゴーを食べずに帰れるわけがない! 日本では場合によっては1個数千円もするマンゴーが台湾では驚くほど安く食ることができるんですよね~。さすが南国、正にフルーツ天国です。もう滞在中は毎日食べていたいですね。そしてマンゴーと言って真っ先に思いつく台湾グルメはやっぱりマンゴーかき氷ですね!

日本にも進出しているお店があるほど台湾のマンゴーかき氷は大人気。思慕昔やICE MONSTERはもうすっかりお馴染みですね。夏になれば台湾全土でマンゴーが楽しめますが、やっぱり南部のお店で食べるマンゴーは一味違います。ボリュームも安さも圧倒的なので台北だけで満足するのはもったいない! というわけで今回は高雄でぜひ食べて欲しいマンゴーかき氷のおすすめのお店4店を紹介したいと思います!

芒果好忙


圧倒的ボリュームと安さを誇る「芒果好忙」の芒果雪花。雪花冰の全面を覆いつくすようにこれでもかというほどのカットマンゴーのトッピング。そしてマンゴーアイスが2スクープ。余裕で2人分くらいの量がありながらこれで120元という安さは驚異的。高雄に来たら間違いなくおすすめ、正に最強クラスのマンゴーかき氷です。トッピングのマンゴーアイスはプラス5元でプリンに変更することが可能。プラス20元でマンゴーアイスはそのままでプリンを追加することもできます。さらなるボリュームを求める人はどうぞ!

>>【芒果好忙】この量にしてこの安さ! 最強クラスのマンゴーかき氷!

【店舗情報】
住所:高雄市左營區富民路401號
営業時間:12:30〜22:00
休日:

 

高雄婆婆冰


1934年にオープンした「高雄婆婆冰」。創業80年以上の歴史がある高雄の老舗中の老舗です。現在は3代目が営業しているということですが3代続くというのはやっぱりそれだけ地元の人々に支持されているという証明ですね。新鮮なフルーツを使ったかき氷がいろいろとあってどれも美味しそうなのですが夏はやっぱりマンゴーかき氷。「高雄婆婆冰」の芒果牛奶冰はボリュームはやや控えめですが新鮮なマンゴーの美味しさは抜群。100元という安さも魅力てきです。プラス20元で雪花冰にすることも可能、こちらもおすすめです。

>>【高雄婆婆冰】創業80年以上、高雄の老舗で食べたマンゴーかき氷

【店舗情報】
住所:(創始店)高雄市鹽埕區七賢三路135號
営業時間:9:00〜0:00
休日:

 

東門茶樓


瑞豊夜市の脇の小さな路地にある「東門茶樓」。店名から、また外観からも一見お茶屋さんのような印象を受けますが実はスイーツ店なのです。メロンを器に見立てたアイスクリームやオリジナルのプリンなど独自の工夫を凝らしたメニューが並びます。そして夏はやっぱりマンゴーかき氷。「東門茶樓」では完熟の愛文芒果(アップルマンゴー)を使ったかき氷が刨冰と雪花冰の2種類用意されています。どちらもそれぞれ個性があるのでお好みで選びましょう。カットマンゴーの山の頂上にアイスクリームをトッピング。さらにマンゴーソースがついた見た目にも鮮やかなマンゴーかき氷です。

>>【東門茶樓】瑞豊夜市近くの穴場スイーツ店で食べたマンゴーかき氷

【店舗情報】
住所:高雄市鼓山區東門路445號
営業時間:14:00〜22:30
休日:

 

鹽埕町雪花冰


鹽埕埔の路地裏にある和テイストなスイーツ店「鹽埕町」。メニューのかき氷もどちらかというと日本のかき氷を意識したものが多いですね。マンゴーかき氷も「芒果山水日式刨冰」と「黃澄澄芒果雪花冰」。台湾で食べるならやっぱり台湾風が・・・ でも台湾の日式っていうのも気になる・・・ どちらも美味しそうなので悩みます。2人以上で行くなら食べ比べもいいですね。一般的な台湾のかき氷と違ってボリュームは控え目で盛り付けが上品。一味違ったマンゴーかき氷が楽しめるお店ですよ。

>>【鹽埕町】高雄、鹽埕埔の和テイストなお店で食べた上品マンゴーかき氷

【店舗情報】
住所:高雄市鹽埕區富野路56巷10號1樓
営業時間:13:00〜18:00
休日:

 

スポンサードリンク

おすすめグルメ記事

 


おトクなセール情報


おすすめ記事

スポンサードリンク