西門町の老舗で食べた楊桃冰(スターフルーツ氷) – 成都楊桃冰




台湾の原宿と言われる西門町は若者向けの流行のショッピングエリアであると同時に観光客向けの飲食店やお土産屋さんもたくさんあります。なかなか変化が激しい街で、自分が初めて訪れたときと今とでもずいぶん様相が違っています。そんな中でも昔から変わらず営業を続けている老舗が多いのも西門町の特徴。近代的な雰囲気の中に下町の街並みが垣間見えるのも魅力の1つですねー。というわけで今回は西門町で営業を続ける老舗「成都楊桃冰」を紹介したいと思います。

成都楊桃冰

西門駅近くの創業50年以上の老舗

成都楊桃冰」はMRT西門駅の6番出口を出てすぐの場所にあります。1966年創業という50年以上の歴史がある老舗なのです。

店頭にはシロップ漬けにされたスターフルーツやパイナップル。と、これだけ見るとちょっと美味しそうに見えないんですよね(笑)。

楊桃冰」というのが店名にもなっているスターフルーツのかき氷。かき氷といっても一般的にイメージするようなものではなくてシロップに氷が入っているような感じです。「鳳梨冰」はパイナップルバージョンですね。「楊桃湯」「楊桃湯」はそれぞれスターフルーツ、パイナップルを煮たときに出来るスープをジュースのようにしてのむ飲料。

入り口で口頭で注文します。その場で商品を受け取って空いてる席に座ります。

しょっぱい? 甘い? スターフルーツの不思議な味

やっぱり最初は店名にもなっている「楊桃冰」を、と言うことで注文しました。氷というよりほとんどジュースのようなシロップにスターフルーツの果肉が入っています。

楊桃冰45NTD

これがスターフルーツ。星のような形をしてるのでそう呼ばれています。シロップで煮てるのですがその前に塩漬けにしているのでしょっぱいような甘いような不思議な味です。ちょっと好き嫌いが分かれるかもしれませんねー。パイナップルの方はスッキリ甘くて誰でも好きな味なので心配な人はそちらを注文するといいですね。

食べ終わった後のゴミはこちらに自分で片付けましょうね。

さっぱりした味なので暑い日にはピッタリ。歩き疲れて喉が渇いたときにちょっと立ち寄ってみてはいかがでしょう。

店舗情報

住所 台北市萬華區成都路3號
営業時間
13:00~22:30
休日
 

スポンサードリンク