台北のタロイモスイーツと言えば永康街のタロイモキング – 芋頭大王




芋頭大王」に初めて行ったのはもうずいぶん昔。その頃から日本の旅行本には度々紹介されていたのですが当時はまだすぐ近くにある「思慕昔」の方が圧倒的に人気で「芋頭大王」は目立たない場所にあるお店、といった印象でした。しかしそれから数年経った今では「思慕昔」ほどとは言いいませんがすっかり人気店になったように思います。それだけ台湾人気が高まっているということでしょうね。というわけで今回はその永康街のタロイモスイーツの人気店「芋頭大王」を紹介したいと思います。

芋頭大王

階段裏という悪条件ながら大人気

永康街といえばマンゴーかき氷が人気の「思慕昔」が有名ですねー。その「思慕昔」の階段の裏にある目立たないお店が「芋頭大王」。この状態だけを見ればまさに陰と日向の関係のように見えますが実は「芋頭大王」もかなりの人気を誇るお店なんですよ。ここの他にも南機場夜市にもお店があるみたいです。

ちょうど階段の下あたりに注文カウンターがあります。ほんと不思議な場所にあるお店ですよね。

こちらがメニュー。タロイモスイーツの他にも紅豆(あずき)、緑豆を使った昔ながらのかき氷やマンゴー、イチゴといったフルーツを使ったかき氷などなかなかバラエティー豊富。

カウンターの上部に貼り出されているのが人気メニューなのかな。

注文・清算を終えたら空いてる席に座って待ちましょう。

タロイモづくしのかき氷

やっぱりまずはタロイモでしょう、ということで注文したのは「芋頭雪酪雪花冰」。雪花冰にタロイモペーストとタロイモアイスのトッピングです。値段はさすが観光地、といった感じですね(笑)。

芋頭雪酪雪花冰150NTD

タロイモの塊が残ったタロイモペースト。ホクホクとした食感も楽しめます。サツマイモほどではありませんがちゃんと甘さもあって意外にかき氷に合うんですよね。

氷はフワフワとした食感が特徴の雪花冰。食べると口の中でシュワっと溶けるような口当たりです。

こちらは別の日に食べたマンゴーかき氷の「芒果手工鮮奶酪雪花冰」。雪花冰にマンゴーとパンナコッタのトッピングです。

芒果手工鮮奶酪雪花冰170NTD

マンゴーはたぶんシロップ漬けだと思います。甘さはまあまあなのですがちょっとグズグズになり過ぎて食感は今一つかなー。

雪花冰は美味しいんですけどね。

店舗情報

住所 台北市大安區永康街15之4號
営業時間
11:00~23:00
休日
 

スポンサードリンク