冬でもマンゴーかき氷が食べたい! という人におすすめのお店 – 芒果皇帝




台湾グルメを語る上でマンゴーは欠かせませんよね。やっぱり台湾に行ったらマンゴーかき氷を思う存分食べたい。しかしさすがの台湾といえど一年中マンゴーが食べれらるわけではなくそのシーズンは限られています。特に人気の愛文芒果(アップルマンゴー)だと5月から9月といったところでしょうか。でも中には冬でもマンゴーかき氷を提供するお店もあるんですよ。どうしても冬にしか台湾に行けない! でもマンゴーが食べたい! という人はおすすめですね。というわけで今回は冬でもマンゴーかき氷が食べれるお店「芒果皇帝」を紹介したいと思います。

芒果皇帝

永康街にあるマンゴーかき氷のお店

台湾リピーターにはお馴染みの観光スポット「永康街」にやってきました。永康街でマンゴーかき氷と言えば「思慕昔」や「ICE MONSTER」が有名ですが今回訪れた「芒果皇帝」もかなりの知名度を誇っています。

こちらが「芒果皇帝」。英語名が「King Mango」になってますね・・・ 「Mango Emperor」じゃないかって気がしますがまあそれはどうでもよい(笑)。

冬だと温かいスイーツもあります。この季節地元のお客さんにはこちらの方が人気のようですね。

ただ日本人観光客はやっぱりかき氷を食べたい、という人が多いですよね。実際冬でも台湾はそんなに寒くないし。

注文は入り口で行います。写真入りのメニューがあるので分かりやすいです。

注文を終えたら空いてる席に座りましょう。

清算時に番号が書かれた明細を渡されます。

店内の奥にある電光掲示板に自分の番号が表示されたら商品を受け取りに行きましょう。

ミルクかき氷の「原創新鮮芒果冰」

マンゴーかき氷は一般的なミルクかき氷の「原創新鮮芒果冰」、フワフワした食感の雪花冰の「新鮮芒果雪花冰」、パンナコッタをトッピングした「新鮮芒果奶酪雪花冰」など何種類かあります。やや小さめのサイズの「芒果皇帝」というのもあり。今回は「原創新鮮芒果冰」を選んでみました。たいてい雪花冰の方が値段が高いのですがここではどちらも同じ値段ですね。といってもそもそもがちょっと高いのですが(笑)・・・ まあ永康街ですからね。

原創新鮮芒果冰210NTD

冬なのでマンゴーは当然シロップ漬けです。さすがにシーズン中の新鮮なマンゴーには敵いませんが、それでもしっかり甘いので冬にこれがたべれるならじゅうぶんではないでしょうか。

氷は通常のタイプ。雪花冰も美味しいのですがこちらも個人的には好きなんですよね。雪花冰とはまた違った美味しさがあります。マンゴーソースと練乳がたっぷりとかかっているので最後まで美味しくいただきました。

まあマンゴーは夏に食べるのが一番いいのですが冬に台湾に来てどうしても食べたい、というのであればここもアリだと思います。

店舗情報

住所 台北市大安區永康街2巷2-1號
営業時間
10:00~22:30
休日
 
FB

スポンサードリンク