台湾スイーツのチェーン店で食べたマンゴーかき氷 – 大方冰品




大方冰品」という台北で複数の店舗を経営するスイーツ専門店があります。以前から名前はよく知っていたのですが一度も行ったことがなかったんですよね。どうしても小さなお店を優先してしまうのでチェーン展開しているような大きなお店は後回しになってしまう、といったことからずーっと行かずじまいになってました。いつかタイミングを見つけていかなければ永遠に後回しになってしまう、と思いようやく時間を作って行ってみました。というわけで今回はその「大方冰品」を紹介したいと思います。

大方冰品

台北市内に複数店舗を展開するスイーツ店

大方冰品」は台北市内に5店舗ほど展開する台湾スイーツのお店です。今回やって来たのはMRT信義安和駅から歩いて10分弱ほどの場所にある「光復店」。

マンゴーシーズンなので「芒果牛奶冰」とかかれた写真入りの横断幕が掲げられてます。やっぱり夏に来たら食べたいのはコレですねー。

お店に入ると右手に注文カウンター、左に客席があります。

メニューにもマンゴーかき氷の大きな写真を掲載。またかき氷だけではなく仙草ゼリー、綠豆湯、花生湯など伝統的スイーツメニューがいろいろと揃っています。

カウンターで口頭で注文したら空いてる席へ。

芒果牛奶冰(マンゴーかき氷)の味は・・・

悩むことなく芒果牛奶冰(マンゴーかき氷)を注文しました。台北でこの量で150元ならまあまあ安いですねー。

芒果牛奶冰150NTD

マンゴーはあらかじめ切っておいたものを盛り付けるタイプ。それはいいんですがちょっとムラがあるんですよね。酸っぱいのとか、グズグズになってるのとか、たまに美味しいのもあります(笑)。

氷は日本のかき氷のようなガリガリタイプ。マンゴーソースと練乳がたっぷりかかってて悪くはないんですが、ところどころ塊になってしまってるのがちょっと残念。 
マンゴーかき氷はややいまひとつだったのですが他のスイーツは美味しいのかも。というわけで今度来たら別のメニューを試してみたいと思います。

店舗情報

住所 (光復店)台北市大安區光復南路456巷23號
営業時間
11:00~23:00
休日
 


おトクなセール情報


おすすめ記事

スポンサードリンク