観光客はまず行かない文山区のお店で食べたマンゴーかき氷 – 芮比特




台北に観光に行く人が主に出かけるエリアは中正区、大安区、大同区、信義区、中山区といった中心部ですよね。或いは士林夜市のある士林区といったところでしょうか。台北市の南に位置する文山区へ出かけるという人はあまりいないでしょうね。もしかすると台北市立動物園や貓空のロープウェーに行くという人もいるかもしれませんがそう多くはないでしょう。そういうこともあってまだまだ開拓されてないエリアなんですがこの辺りにも面白いお店がたくさんあるのです。というわけで今回はこの文山区にあるスイーツ店「芮比特」を紹介したいと思います。

芮比特

台北の繁華街からはかなり離れた場所のスイーツ店

台北市の中心部からはかなり離れた場所にあるスイーツ店「芮比特」。最寄り駅はMRT萬芳醫院駅なんですがここから2㎞ちょっとあるので歩くのはおすすめしません。タクシー、またはバスで行くことをおすすめします。自分の場合は萬芳醫院駅からWemo Scooterを利用して行きました。

壁や柱にメニューをベタベタ貼っているお店は台湾ではよく見かけますね。店名の「芮比特」っていうのはラビットのことかな? ウサギのロゴですもんね。

お店に入ると左手に注文カウンター、右手にテーブル席があります。

カウンターに写真入りのメニューが置いてあるので分かりやすくていいですね。

芒果冰系列というカテゴリがあるほどマンゴーかき氷のメニューが充実しています。ただ大きく分けると芒果冰と芒果雪花冰の2種類でそれにトッピングが変わってくるようですね。

注文はカウンターで口頭で行います。出来上がったらカウンターで受け取って自分で席まで運びましょう。

ショーケースにはカラフルなトッピングが並んでます。美味しそうですねー。

台北では格安なマンゴーかき氷

注文したのは芒果冰の方。マンゴー以外のトッピングは無しのシンプルな「新鮮芒果冰」にしました。マンゴーは底の方にトッピングされている盛り付け。

新鮮芒果冰100NTD

見た目からあまり量が多くなさそうに見えますがけっこうマンゴーも氷もボリュームがあります。場所柄ということもあるでしょうが台北でこのサイズのマンゴーかき氷が100元というのはかなり安いですねー。

氷はきめ細かいシャリシャリとした好きなタイプ。雪花冰はどのお店もそんなにバラつきはないのですが通常のかき氷は粗目だったり、ソフトだったりお店によってけっこう違うんですよ。でも美味しいのは雪花冰よりも好きなんですよね~。

メニューが豊富なのでどの季節に来ても楽しめそうなお店ですね。繁華街からは遠すぎるので簡単に来ることはできないのですがもし近くに来ることがあったら寄ってみてはいかが。

店舗情報

住所 台北市文山區木新路三段128號
営業時間
13:30~22:30
休日
 
FB


おトクなセール情報


おすすめ記事

スポンサードリンク