2人の男子が手掛ける手作りジャムとかき氷のお店 – 果食男子




台中市の西区にある國立台灣美術館の近くに土庫里と呼ばれるエリアがあります。台湾風、洋風、日本風などさまざまな雰囲気の建物が混在するちょっと独特な場所。もともと閑静な住宅街だったのですがお洒落なカフェや雑貨店などがポツポツと現れ数年前から注目され人気を集めています。しかし一気に人気爆発、といった様子は見られず静かに、しかし徐々にお店が増えているというなかなか興味深い成長を見せるエリアです。今回はその土庫里に昨年(2018年)オープンしたスイーツ店「果食男子」を紹介したいと思います。

果食男子

かき氷と手作りジャムのお店

閑静な住宅街に古民家を改装したお洒落なお店が多くみられる台中の土庫里エリア。「果食男子」もここ土庫里エリアに店舗を構えるお店です。以前このブログで紹介したコッペパン専門店「春丸餐包製作所」と同じ路地ですよ。

果食男子」も「春丸餐包製作所」と同じように古い住宅を改装した店舗。真っ白でかわいい外観はまさに土庫里エリアの雰囲気にピッタリです。

看板にもあるように「果食男子」は手工果醬(手作りジャム)と日式刨冰(日本風かき氷)がメインの商品。最近台湾では日本風かき氷のお店が増えていますがここ台中でもその潮流は見られますねー。


小さなお店なので店内席はわずかに6席。一応希望であれば中庭に席でも食べることができます。ただ夏場は蚊がちょっとやっかいなのですが・・・

店名の「果食男子」から分かるようにオーナーは2人の若い男性。お店の雰囲気からしていわゆる「文青」な感じの男性なんだろうなー、と思ってたのですが意外にも男らしい雰囲気。そのギャップがちょっと微笑ましい。ちなみに「果食男子」には日本語で「くだものだんし」と読みが書かれています。

かき氷は期間限定を含めて8種類ほど。やっぱり夏はマンゴー! と見てみると夏季限定のマンゴーかき氷はヨーグルトと練乳のソースと使った「芒果優格煉乳」と緑茶シロップを使った「夏日芒果綠茶」の2つがあるようです。

爽やかなヨーグルトのソースが美味しい「芒果優格煉乳」

芒果優格煉乳」と「夏日芒果綠茶」のどちらにするが悩みましたがヨーグルトと練乳のソースの「芒果優格煉乳」をチョイス。

芒果優格煉乳160NTD

この盛り付けはまさに日本風のかき氷。見た目だけでなく使っているかき氷機も池永鉄工の「スワン SI-100S」というこだわりです。

自家製のマンゴーソースがたっぷりとかかったかき氷には同じく自家製の練乳ヨーグルトソース付き。

食べるとフワッと溶けていく舌ざわりが特徴的。氷が無くなっても凝縮されたマンゴーの甘味は口の中に残ります。

日本風かき氷は見た目をスッキリした印象にするためにトッピングは氷の中に入れているケースが多いのですがこちらも同様。氷の中にカットマンゴーが入っていました。

台湾風かき氷のようなボリュームはありませんがまずまずの甘さのカットマンゴー。やっぱりソースだけでは物足りないのでマンゴー果肉を食べたいですよね~。

途中で練乳ヨーグルトソースをかけてさらにいただきます。ヨーグルトの酸味のおかで甘いだけでなく爽やかな風味もプラスされた独特の美味しさが楽しめるかき氷ですねー。なかなかオリジナリティーがあってちょっと他では味わえないタイプです。

手作りジャムもおすすめ

もう1つの主力商品である手工果醬(手作りジャム)もおすすめです。パッションフルーツ、パイナップルなど台湾ならではのフルーツを使ったジャムはお土産にも喜ばれそうです。

ドライフルーツなんかもありましたよ。こちらも美味しそうだしパッケージもかわいいですね~。

4つほどジャムを買ってみました。

台灣綠茶拿鐵

茂谷柑(タンゴールの一種)

伯爵奶茶(アールグレイミルクティー)

百香果鳳梨(パッションフルーツ&パイナップル)

かき氷とジャムというちょっと変わった組み合わせですが土庫里エリアに来たときはぜひとも立ち寄ってほしい面白いお店です。特に旬のフルーツを使った独創的なかき氷は必食ですよ~。

店舗情報

住所 台中市西區五權西五街88巷21號
営業時間
10:00~18:00
休日
火水
FB


おトクなセール情報


おすすめ記事

スポンサードリンク