うどん? いえいえスイーツです、台中の小さな伝統スイーツ屋台 – 昌米苔目冰




かき氷や豆花など台湾のスイーツの特徴の1つはバラエティ豊富なトッピング。お馴染みタピオカをはじめ、湯圓(白玉団子)、芋圓(タロイモ団子)、地瓜圓(サツマイモ団子)、綠豆、紅豆(あずき)、花生(ピーナッツ)などホントにたくさんのトッピングがありますね。そんな中でウネウネとうどんのような麵状のトッピングを見たことがある人はいませんでしょうか? 見た目はうどんそのもの、でもこれも立派なトッピングなんですよ。というわけで今回はそのトッピングがおすすめとなっている台中の伝統スイーツ屋台「昌米苔目冰」に行ってみました。

昌米苔目冰

古びた三輪バイクの老舗スイーツ屋台

台中市北区の永興街と德化街の交差点に古びた三輪バイクの屋台でお店を出しているのが昌米苔目冰

お店は久和水電行という水道・電気業者の軒先を借りて営業しています。小さな屋台ですがこれがなかなかどうして人気があるんですよ。30年以上も歴史のある老舗ということなのでそのあたりも人気の秘密でしょうか。

屋台の脇のテーブルにオーダーシートが置いてあるのでこれで注文します。

メニューはシンプル。1杯50元で好きなトッピングを3種類選びます。店名の通り米苔目冰がおすすめなんですが「米苔目」はあくまでトッピングの1つなのです。米苔目冰を食べたいなら米苔目とあと2種類のトッピングを選べばOK。迷うなら一番上の招牌綜合というのがおすすめの組み合わせです。1種類あたり+10元でさらにトッピングを増やすこともできます。

トッピングを選んだら「少糖・半糖・正常」から甘さを選びましょう。個人的には少糖、半糖あたりがよいと思います。後は数量(碗の欄)とテーブル番号(桌號の欄)を書いてお店の人に渡しましょう。

ショーケースには米苔目をはじめトッピングがぎっしり。

建物の1階の通路部分にテーブルが出してあります。いかにも台湾の屋台の風景といった感じですねー。

おすすめは米苔目、粉粿、紛圓のトッピング

おすすめの招牌綜合を選んでみました! 

招牌綜合・半糖50NTD

招牌綜合のトッピングは米苔目粉粿紛圓。そこにシロップと氷を入れて出来上がりです。

この白いうどんのようなものが米苔目。米粉や太白粉(芋粉)から作られた麺でもちもちした食感が特徴。うどんのような、と言いましたが実際スイーツだけでなく麵料理としても使われてるんですよ。

この黄色いのは粉粿。サツマイモ粉から作られたもので、一見ゼリーのようですがけっこうモッチリと弾力があります。ほんのり甘くて個人的に好きなトッピング。黒い色の黑糖バージョンもありますよ。

こちらはお馴染み紛圓、タピオカですね。やっぱりタピオカが入ると台湾スイーツらしさがアップしますよね。

サクッと気軽に食べることができる伝統スイーツ屋台です。近くに来たらぜひ試してみてください。

店舗情報

住所 台中市北區永興街116號
営業時間
10:45~16:00
休日  


おトクなセール情報


おすすめ記事

スポンサードリンク