モクモクとスモークの演出が楽しいマンゴーかき氷 – 逢甲冰菓室




夏に台湾に行ったら絶対食べたいマンゴーかき氷。食べますよね皆さん? マンゴーソースや黒糖シロップをかけたかき氷にカットマンゴーをどっさりとトッピングした飾らない昔ながらのマンゴーかき氷が食べられるお店がいたるところいある台湾がほんとに羨ましい! しかし最近ではインスタ映えを意識してか盛り付けに気を使った見た目が鮮やかなマンゴーかき氷を提供するお店が増殖中。今回行ってきた台中の「逢甲冰菓室」ではその極めつけともいえるド派手なマンゴーかき氷を見ることができますよ。

逢甲冰菓室

フルーツを贅沢に使ったメニューが人気

逢甲冰菓室にやって来ました~。お店は逢甲路の突き当りにある逢甲大学の門から50mほどの場所。この辺りは夜になると逢甲夜市が開催されるとっても賑やかなエリアです。

逢甲冰菓室はかき氷をはじめとするフルーツ盛りだくさんのスイーツが人気のお店。店頭にもパイナップルやメロンなどのフルーツをディスプレイ。

人気メニューが紹介されてますね。愛茘枝圓舞曲、水果叢林、蔗抹厲害などネーミングも面白いですね。

1階にもカウンター席がありますが広い2階席へ移動します。

こちらが2階席。2階にはテーブル席があって広々としてますよ。

窓際の席は見晴らしが良くて気持ちよさそうですねー。

メニューです。一部写真が載っているので分かりやすいですね。どのメニューも新鮮なフルーツをふんだんに使った見た目の鮮やかなものばかり。

ドリンクメニューやワッフルを使ったスイーツもありますよ。

マンゴーかき氷はスモークの演出!

今回は夏に来たので夏季限定のマンゴーかき氷を注文してみましたよ。マンゴーかき氷は鮮芒雪花冰(180元)、芒果滿了(280元)があるのですが迷うことなく芒果滿了の方を選択。なぜなら芒果滿了にはちょっとした演出があるんですよ。それがこちら!

かき氷はケーキカバーのようなものに覆われて運ばれてきます。テーブルに置いたあとカバーを外すと中からはモクモクとスモークが立ち込めてきます! 最近はマンゴーかき氷もいろいろと盛りつけにこだわったお店が増えてきましたがとうとうこんなところまでくるとは。

芒果滿了280NTD

中心にガラスの筒がありこの中にドライアイスが仕込んであります。いや~手が込んでますねー。

そしてこの芒果滿了、ボリュームも相当なものです。1人ではちょっとキツそう、2~3人でちょうどよい量だと思いますよ。

盛り付けやパフォーマンスは抜群の逢甲冰菓室なんですが、味の方はどうだろう・・・ と一口。お、ウマい! 意外、と言っては失礼なんですが見た目が派手なマンゴーかき氷は味がイマイチっていうケースがまあまああるんですよ。しかしこのマンゴーは甘さも申し分なくとっても美味しい。

中心の筒の周りには青っぽいマンゴーがトッピングしてあります。これは情人芒果かな? こちらはやや甘酸っぱい味。

氷はマンゴーフレーバーのサクサクとした食感でなかなかイケます。しかしやっぱり量はすごいですね(笑)。

清算は帰りに1階のレジで行います。

マンゴーの季節以外でも特に人気のある水果叢林哈球雪花冰などインパクトのある魅力的なかき氷がたくさんありますよ!

店舗情報

住所 台中市西屯區逢甲路7號
営業時間
16:00~23:00
休日  
FB 逢甲冰菓室


おトクなセール情報


おすすめ記事

スポンサードリンク