台中南屯の伝統的スイーツ店で食べたマンゴーかき氷 – 黃家黑砂糖剉冰




台湾に来て食べたいものと言えばマンゴーかき氷はマストですよね。夏に来たなら尚更のこと。美味しいのはもちろんのこと安くてボリュームのあるマンゴーかき氷は日本では食べられません。日本人観光客に人気のある台北、台南ではもうすっかり有名になってしまったお店がたくさんありますが台中はまだまだ未知の部分が多い街。しかしながら台湾第3の都市と言うだけあって魅力的なお店がたくさんあるんですよ。というわけで今回は台中のスイーツ店「黃家黑砂糖剉冰」のマンゴーかき氷を紹介したいと思います。

黃家黑砂糖剉冰

自家製トッピングが自慢のスイーツ店

黄家黑砂糖剉冰は台中市南屯区の黎明路沿いにあるスイーツ店。黒糖シロップを使った台湾の昔ながらのかき氷が人気のお店です。

どこのお店もそうですが夏はやっぱりマンゴーをプッシュ。黄家黑砂糖剉冰も店頭に「芒果牛奶冰」と書かれた横断幕が掲げられマンゴーのケースが山積みにされてます。

かき氷のトッピングとなる紅豆(あずき)、仙草(仙草ゼリー)、芋頭(タロイモ)、薏仁(ハトムギ)、粉粿(さつま芋粉で作ったゼリー)などなど九割以上は自家製。毎日手間をかけて作られる無添加のトッピングは新鮮で健康的というのが売りなのです。

こちらがメニュー。看板メニューの黑砂糖剉冰のおすすめは好きなトッピングが選べる三種冰、四種冰、五種冰。それぞれ選べるトッピングの数が3種類、4種類、5種類と変わってきます。他にも8種をトッピングした八寳冰、カットフルーツをトッピングした綜合水果牛奶冰などもおすすめ。

マンゴーかき氷は芒果牛奶冰芒果牛奶雪花の2種類。芒果牛奶雪花は氷がフワフワとした食感のかき氷で値段は若干高めになっています。

オーダーシートはなさそうなので口頭で注文しました。

清算を済ませたら空いてる席に座ります。

ジューシーでとっても甘いマンゴーが最高!

5分ほど待ってかき氷がやって来ました~。注文したのは芒果牛奶冰です。

芒果牛奶冰85NTD

台湾南部、屏東産の愛文芒果(アップルマンゴー)を一口サイズにカットしてトッピング。てっぺんにはマンゴーアイスクリームものっています。さらにマンゴーソースと練乳をかけたマンゴー尽くしのかき氷です。これで85元というのは安い! やっぱり台北に比べると若干値段が安くなってるのは嬉しいですね~。

まずはマンゴーを一口・・・ ジューシーでとっても甘い! 口の中にマンゴーの甘い香りが広がって何とも言えない幸福感。夏はやっぱりマンゴーですよ。新鮮なマンゴー最高。これが85元で食べられるなんて素晴らしい。

サラッとした感じの氷もよい。どっちかと言うと日本人にはフワフワ食感の雪花冰の方が人気があるんですが個人的には普通の氷の方も結構好きなんですよね~。もちろんお店によって良し悪しはありますが。

安くて美味しいマンゴーかき氷に満足! もちろん看板メニューの黑砂糖剉冰も人気なのでマンゴーのない季節でも来てみたいですね。

店舗情報

住所 台中市南屯區黎明路二段234號
営業時間
12:00〜22:00
休日  


おトクなセール情報


おすすめ記事

スポンサードリンク