まさに観光客の巡礼地! 1度は食べたいマンゴーかき氷です – 思慕昔




日本人観光客にとって台北で人気のマンゴーかき氷のお店と言えば「冰讚」「GOMAN MANGO」と言ったところでしょうか。一昔前はマンゴーかき氷と言ったら「ICE MONSTER」と「思慕昔」が断トツの人気だったので時代は変わったな~と思い知らされますね。しかし今でも両店の人気は健在。海外進出も果たしてその人気は不動のものとなっています。というわけで今回はその2店のうちの1つ「思慕昔」を紹介したいと思います。

思慕昔

永康街エリアの顔的存在

台湾に1度でも来たことがある人はこの光景を見たことがあるのではないでしょうか。今や定番の観光スポットともいえる永康街、そしてマンゴーかき氷で有名な「思慕昔」。「鼎泰豐」と並んで永康街エリアの顔といった存在ですね。

相変わらず大盛況。だいたいいつもこんな感じです。実は「思慕昔」は永康街エリアに3店舗あって、1つがここ「思慕昔本館」。

やや離れた場所に「思慕昔二館」があります。

そして「思慕昔本館」の背後の2階に「思慕昔 本館二樓」があります。「芋頭大王」の看板の下あたりに2階に上がる階段があります。「思慕昔本館」と「思慕昔 本館二樓」はほぼ同じ場所なのですが「思慕昔本館」は9時から、「思慕昔 本館二樓」は12時からと営業時間が違うので注意。

今回は「思慕昔 本館二樓」の方へ行ってみました。

ここを上がると入り口です。

店内に入ると右手に注文カウンターがあるので席を確保する前にまずはこちらで注文しましょう。

マンゴーかき氷だけでも何種類かありますよ。

注文を済ませるとレシートと明細を渡されます。明細には受取の番号とテーブルの番号が書いてあります。
※写真では受取番号「901」、テーブル番号「10」

というわけで指定されたテーブルに座りましょう。

カウンター付近に電光掲示板があって番号を知らせてくれます。自分の番号が表示されたら商品を取りに行きましょう。

スプーンはこちらから自分で取って行きます。

マンゴー尽くしのかき氷「超級雪酪芒果雪花冰」

注文したのはこちら「超級雪酪芒果雪花冰」。マンゴーフレーバーの雪花冰にカットマンゴー、マンゴーアイスクリームがトッピングされています。

超級雪酪芒果雪花冰220NTD

カットマンゴーはたぶんシロップ漬けだと思いますがしっかり甘くて美味しいです。1年中この甘さのマンゴーを提供できるのはさすがですね。

雪花冰には愛文芒果(アップルマンゴー)、金煌芒果が使われています。フワフワの舌触りとマンゴーの甘い香りが堪能できる雪花冰ですよ。「マンゴーだけを味わいたい!」という人にはピッタリのマンゴー尽くしのかき氷ですねー。

他にも「手工鮮奶酪芒果雪花冰」「超級綜合芒果雪花冰」「提拉米蘇咖啡雪花冰」など美味しそうなメニューがあるので数人で行ってシェアするのもいいですね。

店舗情報

住所 (本館二樓)台北市大安區永康街15號2F
営業時間
12:00~21:00
休日
 
FB
HP

スポンサードリンク