タロイモ好きは必食のアルティメット級タロイモかき氷! – 阿爸の芋圓




台湾のスイーツと言えばかき氷、豆花、仙草ゼリーなどいろいろありますがどれにも共通している特徴はトッピングが豊富だということ。お馴染みのタピオカをはじめ芋圓(タロイモ団子)、紅豆(あずき)、綠豆、湯圓(白玉団子)、花生(ピーナッツ)などさまざま。ほんとに目移りしてしまうバラエティの豊富さなんですよね。そんな中で日本人にはあまり馴染みがなく地味な存在なのが芋頭、つまりタロイモです。台湾では人気があってかなり重要な位置付け。味も濃厚でほどよく甘くてほんとに美味しいんですよ。台湾リピーターならこの美味しさは分かってくれるハズ。というわけで今回はタロイモ好きなら絶対に外せない、タロイモ尽くし、正にタロイモが主役のかき氷が食べられるお店「阿爸の芋圓」を紹介します。

阿爸の芋圓

楽華夜市近くの台湾スイーツのお店

阿爸の芋圓は新北市永和区にあるかき氷、豆花、仙草など伝統的な台湾スイーツを扱うお店。最寄り駅はMRT中和新蘆線の頂溪駅か永安市場駅。両駅のちょうど中間ほどなのでどちらで降りてもよいと思います。この辺りには楽華夜市があるのですが阿爸の芋圓もその近くにお店があります。
2018040902
入口に「我是菜單(ぼくメニュー)」とメニューが置いてあるので取って席に着きましょう。
2018040904
細長い店内の手前側にはカウンター席、奥にテーブル席があります。通常お客さんでいっぱいであることが多いのですが、この日は雨が降っているせいかそれほど混んでいませんでした。
2018040903
店内の壁にはメッセージがビッシリ貼り付けてあります。何て書いてるのかは分かりませんが・・・
2018040903_1
トッピングの数々。紅豆(あずき)、緑豆、薏仁(ハトムギ)などがスタンバイ。
2018040903_2
右のペースト状のものはタロイモ。このお店ではこれが重要なのです。
2018040903_3
メニューを記入します。食べたいものにチェックを入れてテーブル番号を書いたら店員に渡しましょう。
2018040905

タロイモ尽くしの豪快かき氷!

ドーン、とやってきましたこのお店の定番で一番人気の芋見泥綜合蔗片冰

芋見泥綜合蔗片冰135NTD

かき氷にトッピングされているのは芋泥球(タロイモボール)、芋泥(タロイモペースト)、芋圓(タロイモ団子)、白玉湯圓(白玉団子)、粉圓(タピオカ)、小薏仁(ハトムギ)。3種類のタロイモトッピングの正にタロイモ尽くしのかき氷。20元プラスすると芋泥球(タロイモボール)をもう1つ追加できます。

そしてデカい! 余裕で2人分ほどの量があります。1人だとたぶんキツいと思いますね〜。でも食べきれなかったら打包(持ち帰り)できるので1人でもどうしても食べたい人はそうすると良いと思います。

このたっぷりとトッピングされたタロイモのペーストが最高。見た目は良くないのですがほどよい甘さで病みつきになる美味しさなんですよね〜。タロイモ好きなら分かってくれるハズ!

トッピングに注目しがちなのですがこの蔗片冰という氷が阿爸の芋圓のオリジナルなのです。甘蔗汁(さとうきびジュース)を薄い板状の氷にしたものなのでシロップがなくてもほんのり甘く、またサクサクとした食感も独特です。

台北市の隣りの新北市永和区ということでちょっと遠くまで足を運ぶのですがそれでも行く価値はありです。タロイモ好きにはもちろん、そうでない人にもおススメのお店ですよ。
2018040910

店舗情報

住所 新北市永和區保平路一段18弄1號
営業時間
14:30〜23:00
休日
FB 阿爸の芋圓


おトクなセール情報


おすすめ記事

スポンサードリンク