ねっとりと甘く煮込まれた大甲産のタロイモを使ったかき氷 – 大甲芋頭城

スポンサードリンク

台湾スイーツで代表的なかき氷や豆花はトッピングがいろいろと選べるのが楽しいですね。そしてそのトッピングのバリエーションの豊富さにも驚きます。見た目が鮮やかな湯圓(白玉団子)や粉圓(タピオカ)などの他、緑豆、あずき、ピーナツ、コーン、ハスの実などさまざまですね。中でも個人的に好きなのは芋頭、つまりタロイモ。甘く煮込まれたタロイモやタロイモ団子などは、かき氷や豆花など、それ自体はあっさりしているスイーツにはピッタリなんですよね。今回はそのタロイモが主役とされるスイーツのお店、台中の大甲芋頭城を紹介します。

大甲芋頭城

大甲はタロイモの名産地

大甲芋頭城はその名の通り大甲産のタロイモ(芋頭)を使ったかき氷、アイスクリーム、スムージーなどのスイーツのお店です。台中の大甲区にも店舗があるのですが、今回訪れたのは台中で最も知名度のある逢甲夜市にある店舗です。

タロイモは日本では里芋にあたるのですが「タロイモがスイーツ? アイスクリーム?」と思う人もいるかもしれません。自分もまだ台湾へあまり来たことがなかったころはかなり違和感を持っていました。

しかしこれが実に美味しいんですよね。形を残したまま甘く煮込んだタロイモをかき氷のトッピングしたり、ペースト状のタロイモを豆花などに添えたりと、今では好んで食べるようになっています。
2017072202
2017072203
毎晩大勢の人で賑わう逢甲夜市に店舗があるということもありお店の前には行列ができています。なかなか人気ありますねー。
2017072204
看板に「タロイモの故郷から来た」と書かれてますが大甲は台湾でも特にタロイモの名産地として知られているんですよ。タロイモのキャラクターはちょっと微妙ですが(笑)。
2017072205

味の濃いタロイモ(芋頭)はかき氷のトッピングにピッタリ

ほぼすべてのメニューにタロイモが使われています。里芋として料理に使われるイメージしかない我々からするとかなり斬新ですよね〜。
2017072206
お店の脇にテーブルがいくつかあるのでイートインできます。テイクアウトする場合はカップに入れてくれますよ。ちなみに隣は臭豆腐のお店でこちらも大人気なので満席状態です。
2017072207
いろんなものがトッピングされたかき氷、芋頭綜合冰をオーダーしました。

芋頭綜合冰45NTD

トッピングされているのは芋頭(タロイモ)、紅豆(あずき)、粉圓(タピオカ)、芋圓(タロイモ団子)、地瓜圓(サツマイモ団子(メニューには蕃薯圓と書かれてます))。

かき氷や豆花など台湾のスイーツ店ではさまざまなトッピングの中から好きな物を選ぶことができるケースがよくありますが、その中には必ずと言っていいほど芋頭(タロイモ)、芋圓(タロイモ団子)、地瓜圓(サツマイモ団子)は見ることができます。

最初の頃は見栄えがイマイチだったので敬遠してたのですが、後々これらの甘味の強いものを選ぶと美味しいということに気付いて、今では先ず最初に選ぶようになっています。

ねっとりした芋頭(タロイモ)や、モチモチした芋圓(タロイモ団子)は食感もよく、甘みも強いのでかき氷などのトッピングには欠かせない存在なんですよ。

店舗情報

住所 (逢甲店)台中市西屯區福星路461巷2之2號
営業時間
13:30〜1:00
休日  
FB 大甲芋頭城

スポンサードリンク