意外に美味しい!! 見た目も材料も一風変わったかき氷 – 冰仔角

2017010401_1
スポンサードリンク

台湾のかき氷といえば、2~3人で食べれそうなボリューム、ふんだんにのせたカットフルーツやバラエティ豊富なトッピングというイメージですよね。でももちろんそれ以外にも個性的なかき氷があるんですよ。今回紹介するのは台南の住宅街にある「冰仔角」というお店の一風変わった材料を使ったかき氷。これが意外ですがなかなかイケる!

冰仔角

住宅街の隠れ家的なお店

お店は線路を挟んで東側のエリア。有名な観光スポットや繁華街の集中する西側とは違いあまり観光客が足を踏み入れない場所ですね。特にお店のある北区のこの辺りは住宅街なのでお店の存在を知らない人は多いのではないでしょうか。
冰仔角の外観
住宅街にあるお店・・・ というよりお店自体も普通の住宅のようですよね。
冰仔角の外観、通り側
冰仔角の窓
住宅っぽいお店ですが、盆栽? の飾りつけなどちょっと洒落てます。
冰仔角の飾りつけ
店内席はなく外にテーブルがいくつか置かれています。
冰仔角のイートインスペース
冰仔角のテーブル
冰仔角の注文カウンター

メニューは数種のかき氷と冰沙のみ

窓口にオーダーシートがあるので記入します。
冰仔角のオーダーシート
メニューはかき氷と冰沙がそれぞれ数種ずつ。冰沙とはスムージーのこと(メニューにはsorbetと書いてますがスムージーの方が近いと思います)。芒果牛奶冰は一定期間のみ販売されています。
冰仔角で注文
かき氷のみ写真がありますが盛付けになかなか気を使っているようですね。
冰仔角のかき氷メニュー
オーダーシートを渡すと番号札をもらって順番を待ちます。呼ばれたら商品を受け取ります。
冰仔角の番号札

意外な美味しさ、トマトミルクかき氷

平に盛りつけられた氷に小さくカットされたトマト、蜜餞砂糖漬けにされた果物が盛られ、練乳がかけられています。

トマトのかき氷って初めてですね。どんな味なのか興味津々。

番茄蜜餞牛奶冰(トマトと蜜餞のミルクかき氷)(60元)
番茄蜜餞牛奶冰
フレッシュなトマトの酸味と練乳の甘さが合わさってさっぱりとした味のかき氷。意外に美味しさに驚きです。やや歯ごたえのある蜜餞の食感もいいアクセントになってますね。
番茄蜜餞牛奶冰のトマト
他のメニューも気になるのでまた来たいと思います。特にマンゴーは夏場に是非食べてみたいですね。
知る人ぞ知る住宅街の名店。おすすめですよ。
冰仔角の看板
冰仔角のサイン

店舗情報

住所 台南市北區北園街87巷34號
営業時間
月~土13:00〜19:00
休日 日曜
FB 冰仔角


おすすめ記事


おトクに台湾旅行に出かけよう

スポンサードリンク
2017010401_1