一見香腸のよう? 実は鶏もも肉を使った面白い小吃 – 阿剛黃金爆漿雞腿捲




士林夜市寧夏夜市と並んで台北の人気夜市の1つ「饒河街観光夜市」。初めて台湾に行く人にとっては外せない夜市ではないでしょうか。昔はMRTが通ってなかったのでちょっとアクセスに難ありの夜市だったのですがMRT松山駅ができてからはすごく行きやすくなりましたね~。日が落ちると夜市が行われる饒河街には500mほどに渡って屋台がビッシリと並んでとっても賑やかになります。今回はそんなお店の中から気軽に食べ歩きができる小吃の屋台「阿剛黃金爆漿雞腿捲」を紹介したいと思います。

※こちらの記事も合わせてどうぞ。

台北では外せない夜市「饒河街觀光夜市」で台湾グルメを食べ歩き

2020.05.29

阿剛黃金爆漿雞腿捲

パッと見た感じ香腸のようだけど・・・

饒河街觀光夜市にやって来ました~。で、「雞腿捲」というちょっと聞きなれない名前に反応して立ち止まったのがこちらの屋台「阿剛黃金爆漿雞腿捲」です。

「爆漿」とデカデカと書かれてますがこれは肉汁が滴るようにジューシーという意味ですね。

焼き網の上で焼かれている物体を見て「ん、香腸なの?」と一瞬思ったのですがどうも違うようで、雞腿肉を棒状に成型しているみたいです。何度も台湾には来てるのですが初めて見た食べ物ですよ。

フレーバーがなかなか豊富。日本語でも書かれてるので分かりやすいですね。1本35元で、3本だと100元とちょっと安くなります。

ジュージューと美味しそうな音を立てて焼かれております。注文は口頭で。辛さを聞かれるので辛いのが苦手なら「不要辣」、辛い方がいいなら大、中、小の度合いを選択しましょう。

焼き上がったら好みのフレーバーの粉を振りかけて出来上がりです。

いろんなフレーバーを食べてみました

というわけで購入しました。選んだフレーバーはシンプルな塩胡椒の「椒鹽」です。

雞腿捲・椒鹽35NTD

1個はこの程度の大きさなので1人でも3個くらい食べれそうですね。

これは周りは皮を巻いてるのかな? 外側はちょっとパサッとした感じなのですが中はすごく柔らかくてジューシー。それに味付けがいいですねー。食べ歩きにはピッタリの小吃です。

実は饒河街觀光夜市にもう1つ「永哥黃金爆漿雞腿捲」というお店があるんですよ。「饒河二店」と書いてるのでたぶん同じお店なんじゃないかな? 初めて食べて美味しかったので別の日に今度はこちらのお店で食べてみました。

こっちも美味しそう~。心なしかこちらの方が大きいような気が・・・

今度は3つ買ってみましたよ。

雞腿捲原味・檸檬胡椒・新疆孜然)(100NTD

これは「原味」。つまりプレーン。純粋にお肉の味を楽しむならおすすめ。

レモンのさっぱりした味が鶏肉によく合う「檸檬胡椒」。

味付けにクミンを使った「新疆孜然」。これ美味しい。個人的にこれが一番好きです。

店舗情報

住所 台北市松山區饒河街197號
営業時間
17:30~0:00
休日
 

スポンサードリンク