大同区の蘭州市場近くで見つけた鶏肉が美味しいお店 – 好吃土雞肉




大同区の蘭州市場付近に買い物に行ったとき市場前の昌吉街を歩いていてちょっと気になるお店を発見。ニワトリの絵が付いた「好吃土雞肉」という店名にピンときました。塩茹でした鶏肉を切り分けた料理のことだろうと予想したのですが、台北のお店はある程度チェックしてたので「こんなところにお店があったかな?」「もしかして新しいお店かな?」と興味が湧いてきたのです。ちょうど晩ごはんの時間帯だったこともあり入ってみることにしました。

好吃土雞肉

蘭州市場近くの鶏肉のお店

MRT大橋頭駅から歩いて10分弱ほどの場所にある蘭州市場付近を歩いていて偶然見つけたお店がこちら「好吃土雞肉」。「美味しい鶏肉」という分かりやすい店名ですね(笑)。

この看板を見れば分かる人には分かる鶏肉のお店ですね。いや、鶏肉は当たり前なんですが鶏肉料理にもいろいろあるわけで、このお店の場合は鶏肉をシンプルに塩ゆでしたものにタレをかけていただく料理。というのが予想できるくらいには台湾に足を運んでいます。

こちらがメニュー。イートインで食べるなら「土雞肉內用」で50元から。テイクアウト(外帶)だと100元からでちょっと高いんですね。「雞肉便當」というのはいわゆる「お弁当」というわけではなく雞肉と小菜の盛り合わせという意味です。

口頭で注文したら店内の空いてる席に座りましょう。

プリプリ食感の鶏肉が美味しい!

注文したのは「土雞肉內用」、それに「雞油飯」と「下水湯」もいただきました。

土雞肉內用50NTD)、雞油飯10NTD)、下水湯10NTD

雞肉の他に必ず注文したい、この手のお店では必ずと言っていいほどメニューにある「雞油飯」。雞油の香りがよく甘辛いタレがかかっていて美味しいのです。

スープに「下水湯」を。知らないと名前にビビりますがモツ入りのスープのことです。あっさり味で美味しいですよ。

さてメインの「雞肉」。カウンターに何種類か置いてあって好きなのを選ばせてくれました。これで50元なので安いですねー。

これがプリプリの食感で柔らかくてウマい。甘辛のタレがまたよく合うんですよね。この「雞肉」と「雞油飯」はもう最強の組み合わせですねー。

帰り際にお店の人に、ここは昔からあったのか聞いてみると、昨年(2019年)の夏ごろにオープンしたんだそうです。やっぱり新しい店だったのかー、とちょっと予想が当たって嬉しくなりました。

店舗情報

住所 台北市大同區昌吉街67號
営業時間
11:00~20:00
休日

スポンサードリンク