公館のマレーシア料理専門店で食べた海南チキンライス – 池先生 Kopitiam




海外旅行に行ったらやっぱりその国の料理を食べてみたい、と思うのは当たり前ですよね。台湾であればそれはもちろん中華料理、もっと詳しく言えば上海料理、四川料理、広東料理、客家料理、それに台湾料理だったりですね。でもあえて異国の料理を食べてみるのもおすすめですよ。台湾にはベトナム、タイ、シンガポールなど東南アジア系のレストランもよく見かけます。日本にある東南アジア系のお店とはまたちょっと違ってたりするのでなかなか面白い。というわけで今回は台北にあるマレーシア料理のお店「池先生 Kopitiam」を紹介したいと思います。

※こちらの記事も合わせてどうぞ。

ジューシーな鶏肉がたまらない! 台北のおすすめ海南雞飯(海南チキンライス)

2019.12.27

池先生 Kopitiam

公館のマレーシア料理店

池先生 Kopitiam」は公館にあるマレーシア料理のお店。MRT公館駅から歩いて5分弱ほどの場所にお店があります。ここの他にもMRT科技大樓駅近くにもお店があるようです。

公館と言えば近くに台湾大学があることから学生街で有名。お店も学生らしいお客さんでいっぱいですね。

店内に入ったら店員さんが席に案内してくれました。

かなり席数はありそうですがほぼ満席状態。すごい人気ですね。

こちらがメニュー。

お店のフェイスブックにも詳しいメニューがあるので参考にしてください。
※画像は池先生 Kopitiam FBより引用
※画像は池先生 Kopitiam FBより引用

オーダーシートは別にあるのでこちらに注文するものとテーブル番号を記入してカウンターに持って行きましょう。

海南チキンライスとマレーシアミルクティー

カレー系のメニューが美味しそうでかなり惹かれたのですが、やっぱりこれは自分的に外せないということで「海南雞飯(海南チキンライス)」を注文。それに「馬來式拉茶(マレーシアミルクティー)」もいただきました。

海南雞飯180NTD)、馬來式拉茶50NTD

せっかくマレーシア料理のお店に来たので、ということで馬來式拉茶(マレーシア風ミルクティー)を注文してみました。コンデンスミルクが入っているのが特徴で一般的なミルクティーに比べてコクがある感じです。

海南チキンライスといえばこのチキンスープで炊いたご飯。パラっとしてて風味がよくて美味しいんですよね。鶏肉とこのチキンライスが一体となってこその海南チキンライスですよね。

つみれ入りのスープが付いています。ちょっとあっさりし過ぎかな、個人的にはもうちょっと濃い方が好きかも。

さて肝心のお肉ですが、どうですかこの照り具合。見るからに美味しそうな鶏もも肉ですねー。

柔らかくてジューシーで旨い! お店の特製の辣椒醬(チリソース)をつけて食べると絶品です。そしてこれがまたチキンライスによく合うんですよねー。思わずがっついてしまいたくなる美味しさです。

地元のお客さんにはどちらかというとカレー系のメニューの方が人気があるみたいですね。「正宗咖哩叻沙麵」「池先生椰漿飯配紅咖哩雞」「海陸咖喱叻沙」「大馬肉骨茶飯」など美味しそうな料理がまだまだたくさんあるのでぜひまた食べてみたいと思います。

店舗情報

住所 台北市中正區羅斯福路三段284巷10號
営業時間
月~金11:30~15:00、17:00~20:30
土~日11:30~20:30
休日
 
FB

スポンサードリンク