台酒TTLのインスタントラーメン「麻油雞麵」を食べてみました




台湾にも日本と同じようにいろんな種類のインスタントラーメンがありますね。コンビニやスーパーに行くとそのバリエーションの豊富さに驚くと思いますよ。中でも個人的に特に好きなのが台酒TTL(臺灣菸酒股份有限公司)という企業が販売しているインスタントラーメン。台湾では定番の商品なのですがこれがなかなか美味しくてときどき買って食べています。というわけで今回は台酒TTLのインスタントラーメンから「麻油雞麵」を紹介したいと思います。

台酒TTL(臺灣菸酒股份有限公司)

麻油雞麵」を販売する台酒TTL(臺灣菸酒股份有限公司)とはかつてタバコやお酒を販売した国営企業が後に民営化されたものでかなり古い歴史を持つ企業なのです。
参考:台酒TTL(臺灣菸酒股份有限公司)

※画像は臺灣菸酒股份有限公司 HPより引用

麻油雞麵

その台酒TTLが販売しているインスタントラーメンがなかなか美味しくて日本人にも評判がいいのです。「花雕雞麵」「麻油雞麵」「花雕酸菜牛肉麵」といったバリエーションがあるのですが今回は「麻油雞麵」を買ってみました。台湾グルメの1つ「麻油雞」の味を再現しているインスタントラーメンです。というわけでさっそく作ってみましょう。

まず中の調味料・具材を取り出します。入っているのは「佐料包」「調味粉包」「料理米酒」「調理包」の4つ。「調味包」には鶏肉を含む具材が入っています。肉類の日本への持ち込みは基本的に禁止されているのですがこのようにレトルトパウチの状態であれば認められているようです。現在のところカップラーメンは持ち込みOKですが必ず検疫に報告するようにしましょう。
参考:日本帰国時の肉製品のお土産の持ち込みについて調べてみました
 
4種類のうち「調味粉包」を麺にあけます。作り方の説明には「佐料包」も先に入れることになっているのですが「佐料包」は後で入れることにします。単に個人の好みです(笑)。

熱湯を注いで3分待ちます。

待ってる間「調理包」をフタの上に置いて温めておくとよいでしょう。

3分経ったら「佐料包」「料理米酒」「調理包」を入れて出来上がりです。

赤いのはクコの実かな。生姜も入ってますね。

以前食べた「花雕雞麵」もそうですが台酒TTLのインスタントラーメンはお肉の存在感があるのがいいですねー。

今回はちょっと待ち時間を短くしたので麺も柔らか過ぎず歯応えがあっていい感じです。ごま油とお酒の風味が漂うスープが「麻油雞」の味を上手く表現できているのではないでしょうか。なかなか美味しいですよ。

ちなみに日本でも購入可能なので台湾に行く機会がないけど食べてみたいという方はこちらから。

スポンサードリンク