台湾のカップ麺「滿漢大餐」シリーズの「蔥燒豬肉麵」を食べてみた




海外旅行に行ったら飲食店で食事をする以外に、現地のコンビニやスーパーで売っている食品を食べてみるのも楽しいですね。特に台湾は日本と同じようにインスタントラーメンの種類が豊富なのでいろいろ味見してみると面白いと思いますよ。見た目は日本と似たような商品でも微妙に食文化の違いがあったりしてなかなか興味深い。というわけで今回はそんな台湾のインスタントラーメンの中から「滿漢大餐 蔥燒豬肉麵」を紹介したいと思います。

統一の「滿漢大餐」シリーズ「蔥燒豬肉麵」

滿漢大餐」は統一企業(統一と呼ばれている)というメーカーが販売してる台湾のインスタントラーメンです。「滿漢大餐」シリーズには「蔥燒牛肉麵」「麻辣鍋牛肉麵」「珍味牛肉麵」「蔥燒豬肉麵」4種類のフレーバーがあってカップタイプの他に袋入りのタイプもあります。
参考:統一企業集團 PECOS

※画像は統一企業集團 HPより引用

コンビニやスーパーに行くとだいたい置いてあるポピュラーな商品です。

今回は「蔥燒豬肉麵」を買ってみましたよ。

滿漢大餐 蔥燒豬肉麵

「滿漢大餐 蔥燒豬肉麵」の作り方

カップの中には「豬肉料理包」「調理粉包」「調理油包」の3種類の具材・調味料が入っています。

豬肉料理包」には豚肉を含む具材が入っています。基本的に肉類の日本への持ち込みは禁止されているのですがこのようにレトルトパウチの状態であれば認められているようです。現在のところカップラーメンは持ち込みOKですが必ず検疫に報告するようにしましょう。
参考:日本帰国時の肉製品のお土産の持ち込みについて調べてみました

まず「調理粉包」と「調理油包」を入れます。日本のカップ麺だと液状やペースト状の調味料はお湯を注いだ後に入れることが多いのですが台湾ではお湯を入れる前に入れることがけっこうとあるんですよね。

調味料を入れたら熱湯を注ぎます。「注水線までお湯を注ぐ」と説明書きにあるのですが、それらしい線が見当たらないんですよね。いったいどこにあるのかと思ったらカップの外側に書いてあるみたいです。

フタをして3分待ちます。「豬肉料理包」を上に置いて温めておくといよいですね。

3分経ったら「豬肉料理包」の中身を入れます。後はよく混ぜていただきましょう。

より若干小さめですね。まあカップ麺だと仕方ないのかな。スープはあまりクセがなくて誰もが好みそうな味ですねー。

写真だとけっこう辛そうなイメージがあったのですが実際食べてみるとそうでもないですね。お肉は思ってたよりちょっと小さいかな(笑)・・・ まあ、カップ麺なのでね。麺は日本のカップラーメンとそれほど変わりませんがやや柔らめでしょうか。個人的にはもうちょっと堅い方がいいので今度作るときは待ち時間を調整してみたいと思います。

 

スポンサードリンク