台湾のインスタントラーメン「一度贊 紅燒牛肉」を食べてみました




違う国にインスタントラーメンって興味ありますよね! 似たような商品でも食文化の違いが顕著に表れるのがなかなか面白いです。麺食の大国である台湾でももちろんインスタント麺は大人気でコンビニやスーパーに行くといろんな種類のインスタント麺が売っています。日本とは違ったパッケージを見るだけでも「どんな味なんだろう?」と興味深々。台湾に行ったらいろんなインスタントラーメンを食べ比べるのも面白いですね。というわけで今回はそんな台湾のインスタントラーメンの中から「一度贊 紅燒牛肉」を紹介します。

維力の「一度贊」シリーズ「紅燒牛肉麵」

一度贊」は維力(維力食品工業股份有限公司)という企業が販売してるインスタントラーメン。「紅燒牛肉麵」「爌肉麵」「老甕牛肉麵」などいくつかの種類があります。またカップタイプの他に袋タイプもあり。
※画像は維力食品工業股份有限公司 HPより引用

今回購入したのは「一度贊 紅燒牛肉麵」です。

一度贊 紅燒牛肉麵

「一度贊 紅燒牛肉麵」の味は?

中には4種類の具材、調味料が入っています。写真の左「調理包」、右上「香蒜金椒」、右中「調理粉包」、右下「調理油包」。

まずこちらの「調理粉包」と「調理油包」を入れます。

さらに熱湯を注ぎます。台湾のカップラーメンってお湯の量を具体的に書いてない場合が多いのですが、まあ適当で。

この状態で3分待ちます。「調理包」をフタの上に置いて温めておくといよいです。

3分経ったら「調理包」と「香蒜金椒」を入れます。「香蒜金椒」は「Chili paste」と書いてあるようにちょっと辛いのでお好みで淹れる量を調節してもよいと思います。

後はよく混ぜていただきましょう。

麺は日本のカップラーメンと同じような感じですね。ただちょっと柔らかいかな・・・ 待ち時間をちょっと短めにしてもいいかも。八角が入ってるみたいですがスープが意外にそれほどクセはないかな。個人的にはクセがあった方が好きなんですけどね(笑)。

お肉もしっかり入っています。さすがに本物の牛肉麺のお肉に比べると物足りなさはありますがまあまあ美味しいですよ。

 

スポンサードリンク