高雄で食べた器までマンゴーの贅沢なマンゴーアイスクリーム – 宇治.玩笑亭




南国台湾はフルーツ天国。マンゴーをはじめパイナップル、パパイヤ、ドラゴンフルーツ、グアバ、パッションフルーツなどなど盛りだくさん。フルーツは日本への持ち込みがほぼ絶望なので現地にいる間に存分に楽しみたいものです。やっぱり新鮮なフルーツそのものを食べるのが一番ですがフレッシュジュースやスムージーなど手を加えたものも美味。というわけで今回は高雄で見つけたフルーツを使った美味しいアイスクリームが食べられるお店「宇治.玩笑亭」を紹介したいと思います。

宇治.玩笑亭

文化中心駅近くの小さなアイスクリーム屋さん

高雄MRTの文化中心駅から歩いて5分ちょっとの尚義街沿いで目立たず営業しているアイスクリームの専門店「宇治.玩笑亭」。

宇治.玩笑亭」という店名からなんとなく想像していましたが京都の観光地にでもありそうな雰囲気のお店ですね。しかし「玩笑亭」を「なんつってい」って読ませるの? それラーメン屋では・・・ まあ気にしないことにしましょう(笑)。どうも店内席はないようですが店頭に用意されているイスに座って食べることはできます。

宇治.玩笑亭」のアイスクリームは基本的に毎日2種類。1つは固定の「宇治抹茶」。まあそりゃそうでしょう。もう1つは日替わりでお店のFacebookで毎回発表されます。といっても同じフレーバーが数日続くこともあるようです。この日の日替わりフレーバーは「愛文芒果(アップルマンゴー)」。夏場はやはりマンゴーの登場回数が多いみたいですね。

ドリンクメニューもあるみたいですね。

使っている抹茶は「伊藤久右衛門」「丸久小山園」。また牛乳は台東の初鹿鮮乳を使うなど品質にこだわりがあるようですね。

地元のお客さんにはやっぱり抹茶が人気なようですねー。しかし日本人としてはもうマンゴーを注文しないわけにはいきませんよ。

器もマンゴー、アイスクリームもマンゴー

じゃ~~~ん!これは、素晴らしいビジュアル! 「宇治.玩笑亭」のアイスクリームは器が甜筒(コーン)、杯裝(カップ)が選べるのですがもう1つ、実物のフルーツを器にすることができるのです。この日は升級芒果杯(マンゴー)と升級火龍杯(ドラゴンフルーツ)があったのでマンゴーの方を選択。アイスクリームも器もマンゴーです。

これ、器部分のマンゴーは実をくり抜いてなく、半分に切って種を取ったそのまんまです。なので上にのっているアイスクリームを食べるときは慎重にスプーンで掬わないとポロっといってしまうので注意です。

このアイスクリームがとーーーっても濃厚! マンゴーの風味爆発で最高に美味しい。一瞬で食べてしまいましたよ。もっと食べたい~~。

霜淇淋愛文芒果)(70NTD)+升級芒果杯30NTD

アイスクリームを食べ終わったらさらに楽しみが! そう、もちろん器のマンゴーも食べることができますよ~。やや小ぶりのマンゴーとは言え半分ですからなかなか食べ応えあります。こちらおアイスクリームに負けず劣らず甘くて美味しい! なんともぜいたくなアイスクリームに満足です。

店内席はありませんが外に水道があるので手を洗うことができます。

食べ終わった後のカップやスプーンなどはこちらに。マンゴーの皮は脇にあるゴミ箱に捨てましょう。

どのフレーバーのアイスクリームが食べられるかは運任せなところがありますがマンゴーの他にも蘋果野莓(りんごベリー)、巨峰葡萄(ピオーネ)、海塩西瓜(スイカ)などどれも美味しそうですよ。高雄に来たらぜひ立ち寄ってみてくださいね~。

店舗情報

住所 高雄市新興區尚義街148號
営業時間
12:30~22:00
休日
月火
FB


おトクなセール情報


おすすめ記事

スポンサードリンク