花蓮で3種類の味が楽しめる扁食(ワンタン)を食べてみた – 一品香扁食




あまり知っている人は少ないかもしれませんが実は「扁食(ワンタン)」は花蓮の名物の1つなのです。台湾ではどこでも食べることができるので意外に思うかもしれませんが実際に花蓮に行くとワンタンのお店がたくさんあるんですよ。台北でもワンタンのお店を注意して見ると「花蓮」という文字が入っていることがあります。花蓮で特に有名なワンタン専門店は「液香扁食店」と「戴記扁食」の2店ですが今回はちょっと違ったタイプのお店「一品香扁食」を紹介したいと思います。

一品香扁食

ワンタン以外に麺やドリンクもあり

花蓮市中心部を通る大通りの中正路沿いにあるワンタンの専門店「一品香扁食」にやってきました。ここの他に花蓮駅前にももう1店あるみたいです。

入り口付近にあるカウンターにオーダーシートが置いてあるので1つ取って空いてる席に座りましょう。

店内はそれほど広くない小ぢんまりとした空間です。

右側が食事のメニューでボールペンで記入します。左はドリンクメニューで飲みたいものがあれば赤鉛筆でチェックするようにしましょう。ワンタン以外に麺などもあるようです。それにしてもドリンクスタンド並みに種類が豊富なのでちょっとビックリ。記入したらカウンターに持って行って清算します。

紅油抄手と洄瀾乾麵

以前訪れたワンタンの有名店の「液香扁食店」や「戴記扁食」ではスープに入ったワンタンをいただいたのでこちらでは紅油抄手を注文してみました。それと「洄瀾乾麵」というちょっと聞きなれない麺が有名らしいので食べてみましたよ。

綜合紅油抄手90NTD)、洄瀾乾麵60NTD

紅油抄手は鮮肉、蔬菜、鮮蝦の3種類があります。3種類とも食べてみたいという人には「綜合紅油抄手」がおすすめです。ワンタンは他のお店のように薄皮ではなくやや厚め。餡も比較的しっかり入っているので食べ応えがあります。

こちらが「洄瀾乾麵」。「洄瀾」というのは花蓮の昔の名称のようです。つまりこの土地独特の乾麺といったところでしょうか。麺には肉燥、もやし、ネギのトッピング。麺はやや柔らかめですね。美味しいのですが普通の乾麺との違いはよく分かりません。


花蓮の代表的なワンタンのお店とはまた違ったタイプでなかなか興味深いですね。滞在日数が短いとどうしても有名店だけを訪れてしまうのですが、もし余裕があるならいろんなお店に行って食べ比べしてみるのもいいですね。

店舗情報

住所 花蓮市中正路510號
営業時間
9:00~21:00
休日
 

スポンサードリンク