晴光商圈で食べた香港からやって来たヘルシースイーツ – 双妹嘜養生甜品




日本では空前のタピオカブームですね。タピオカのみならずかき氷、豆花、愛玉、仙草など台湾に行ったらぜひとも台湾スイーツがを楽しんでもらいたいものです。ところで台湾では台湾スイーツ以外にも香港スイーツも食べることができるんですよ。香港スイーツと言ってもピンとこない方もいるかもしれませんが飲茶レストランで「甜點(スイーツメニュー)」として提供されているのがそうです。また飲茶レストランに行かなくても香港スイーツの専門店もあるんですよ。というわけで今回は台北で香港スイーツが気軽に楽しめるお店「双妹嘜養生甜品」を紹介したいと思います。

双妹嘜養生甜品

路地裏の小さな香港スイーツ店

双妹嘜養生甜品」はMRT中山國小駅から歩いて5分ちょっとの晴光商圈にある香港スイーツのお店です。ちょっと分かりづらい路地裏のうえに間口が狭いお店なので行くときは見落とさないようにしましょう。

お店の紹介が書いてあります。オーナーの女性は香港出身で元々は珠寶設計師(ジュエリーデザイナー)だったそうです。

人気メニューは写真入りで紹介。

日本語の表記もありますね。でも「日付」はちょっと違うと思うぞ(笑)・・・

店頭のわずかなスペースでイートインすることも可能です。

フルフル食感の燉奶がおすすめ

大きな写真でも紹介されている燉奶を食べることにしました。せっかくマンゴーシーズンに来たとういことで「芒果燉奶」を注文です。

芒果燉奶150NTD

やっぱり夏はマンゴーですねー。使用しているのは愛文芒果(アップルマンゴー)なので甘さも抜群。

一見ミルクプリン、またはパンナコッタのように見える「燉奶」。新鮮なミルクと3時間以上煮込んで作られた「燉奶」は豆花やミルクプリンとはまた違ったフルフルの食感。甘さ控えめでヘルシーなのも嬉しいですね~。

他にも紫米を使った「紫米燉奶」や黒糖とナツメで紫米を煮込んだ「黑糖紅棗紫紫米」、冬にはイチゴをどっさりトッピングした「草莓燉奶」などおすすめのメニューがあるのでぜひまた来て食べてみたいと思います。

店舗情報

住所 台北市中山區農安街2巷20之33號
営業時間
11:00~21:30、日12:00~21:00
休日
 
FB


おトクなセール情報


おすすめ記事

スポンサードリンク