高雄の三民市場で食べ歩き、人気黑輪屋台に行ってみた – 廖家黑輪




台鉄高雄駅のやや西にある三民市場(正式名称:三民第一公有市場)はいつも地元のお客さんで溢れる活気のある市場です。中華三路、三民街、河北二路、河北二路150巷に囲まれたブロックに場内市場があり、お肉、野菜、果物、滷味、乾物、お惣菜などなどいろんなものが売られています。場内市場の周辺には衣料品や雑貨など販売する物販系のお店が目立ちますね。また飲食店もたくさんあって、人気のあるお店は地元のお客さんでいつも賑わっています。今回はその三民市場にある人気屋台「廖家黑輪」を紹介したいと思います。

廖家黑輪

三民市場の人気屋台

高雄の三民市場にやって来ましたよー。場内では肉、魚、果物などを販売するお店があり活気があります。場外でも衣料品や雑貨などを販売するお店、また飲食店もたくさんあって地元の人で賑わっています。三民街と中華三路の交差点、ちょうど市場の入り口付近には發記狀元糕という伝統的スイーツを販売する屋台がありこちらもおすすめです。作り方が独特で面白いんですよ。

さて、三民街をずっと歩いて自強一路の手前まで行くとちょっと人だかりのできてるお店があります。こちらが今回紹介する廖家黑輪

黑輪というのは魚のすり身で作った練り物で天ぷらみたいな食べ物です。メニューは黒輪以外にも色々あって関東煮(おでん)のネタなんかもあります。香腸や大腸など台湾のソーセージ類も。店名に総称して黒輪って付いてるお店ではこんな感じで色んな種類があって好きなものを選んで食べるというお店が多いですねー。

店頭で焼かれてる香腸が美味しそうですね~。食欲をそそられます。屋台の右側にテーブル席があるのでイートインできます。その場合は屋台の左(関東煮を煮込んでるところ)に回り込んで好きなものを取ります。香腸も一緒に注文しました。

スプーンやフォークはこちらから。

おでんと焼き物いろいろ

メニューは大きく分けて烤(焼き物)と煮(おでん系)の2種類です。烤(焼き物)から烤香腸、烤黑輪片を、煮(おでん系)から黑輪條、魚板を選んでみました。

烤香腸(20NTD)、黑輪條(10NTD)、魚板(12NTD)、烤黑輪片(15NTD)

調味料はテーブルにあります。左から醤油膏、辣椒醬、番茄醬(ケチャップ)。こうやって書いてくれてると分かりやすくていいですね。

上から黑輪條魚板烤黑輪片黑輪條魚板は味、食感が多少違いますがどちらも天ぷらのようなイメージ。烤黑輪片は一見お肉のように見えますがこれも練り物。薄い板状の黑輪を焼いたものですがこれが意外に美味しい。モチモチした歯応え、それに甘いタレを付けて焼かれているので風味もよいです。

こちらは烤香腸。名前の通り香腸を焼いたものです。たぶん人気があるからだと思うんですが焼き上がるまで結構時間がかかったんですよね。10分以上は待ったと思います。しかし味はさすがにウマい。香腸自体に味が付いてるので何も付けなくてもじゅうぶん美味しいです。

おやつ感覚で食べられるのでちょっと小腹が空いたときなんかにはピッタリです。テイクアウトして市場を歩きながら食べるものいいかもですね。

店舗情報

住所 台北市大安區忠孝東路四段216巷40弄3號
営業時間
11:00~23:00
休日  


おトクなセール情報


おすすめ記事

スポンサードリンク