なぜか鍋燒意麵が大人気の高雄のローカルハンバーガー店 – 美迪亞




朝ごはんも外食が当たり前の台湾では朝ごはん専門のお店がたくさんあります。豆乳に蛋餅、油條、焼餅などを売っている豆漿店やサンドイッチや蛋餅をサッと簡単に調理する早餐店などそのスタイルもさまざま。鉄板で炒めた鶏肉や豚肉を特有のフニャっとしたバンズはさんだ漢堡(ハンバーガー)のお店などもあります。というわけで今回は漢堡店でありながら鍋焼意麺が大人気という高雄のローカルハンバーガーショップ「美迪亞」を紹介したいと思います。

美迪亞

朝から行列の人気ハンバーガーチェーン

美迪亞は高雄のハンバーガーチェーン。チェーンというのはちょっと言い過ぎかもしれませんが小さいながらも数店舗を展開しています。今回やって来たのは六合二路にある本店です。

まだ早朝だというのに行列ができてますよ。うわさ通りすごい人気です。

朝6時から夕方までの営業です。どちらかというと早餐店の色合いが強いお店ですね。

台湾のローカルハンバーガー店らしくハンバーガーをはじめサンドイッチ、トースト、蛋餅、蘿蔔糕(大根餅)などがメニューに並びます。そしてちょっと珍しい独特なメニューが鍋焼意麺。これが美迪亞の大人気商品であり看板メニューなのです。ちなみに鍋焼意麺は8時以降に注文可能です

店頭のキッチンには鍋がズラーっと並んで意麺がグツグツと煮込まれています。

この様子を見ても多くのお客さんが鍋焼意麺を注文しているというのが分かりますよね。テーブルの下には調理前の意麺が大量に用意されてます・・・

まずは列に並んで入り口で注文を済ませます。先に席を確保するのは禁止なので注意しましょう。注文、清算を済ませると店員にどの席に座るか指示されます。

あっさりスープの鍋焼意麺

まずは鍋焼意麺がやってきました。鍋焼意麺にはチラシを折りたたんだようなものが付いています。

なんでしょうねこれ? 何だか失敗した折り紙のカブトみたいな感じですが・・・

実はこれ、こうやって広げてエビのガラ入れにするのです。なるほどねー。

そうこうしているうちに注文したものが全て揃いました。

鍋燒意麵・小75NTD)、奶油雞腿肉・小35NTD)、金結檸檬40NTD

ストロー、箸、スプーンなどは入り口近くに置いてあるので自分で取りましょう。

これは唐辛子かな、見るからに辛そう。辛いもの好きな人はどうぞ。

台北ではそれほど見かけないこの鍋燒意麵ですが台南など南部の地域ではよく見かけます。また南部の意麺は特徴があって一度揚げている麺を使用しているケースがよくあります。こちらも麺も揚げ麺を使用。調理前の状態を見るとすぐに分かると思います。

出しの効いたあっさりしたスープでなるほど朝食に食べてもいい感じですね。

エビ、肉団子、半熟卵、アサリなど結構具だくさんです。

こちらは奶油雞腿肉。鶏肉をバターで焼いてゴマをまぶしたもの。照り焼きっぽい見た目ですが味は意外にあっさり。

飲み物は金結檸檬を。さっぱりした味なんですがレモンより金結(キンカン)の存在感がつよいですねー。これはちょっと好き嫌い分かれるかも。

鍋焼意麺は意麺の他にも烏龍麺(うどん)や冬粉(春雨)なども人気があるようです。ハンバーガー店なのでハンバーガーも食べてみたいところですよね。ぜひまた来てみたいと思います。

店舗情報

住所 高雄市前金區六合二路124號
営業時間
6:00〜16:30、土6:00〜15:30
休日


おトクなセール情報


おすすめ記事

スポンサードリンク