たっぷりデンブとピータンが美味しい台中の広東粥屋台 – 日出廣東粥・飯糰




台湾によく行くようになってから、今まで全然知らなかったことに驚いたり、勝手に思い込んでいたけど違ってたというようなことが分かったりと、いろいろと気付くことが多くあります。まだまだ初心者の頃、台湾の朝食のイメージの中の1つにお粥というものがありました。たぶん旅行雑誌などから入ってきた情報だと思うのですが、実際行ってみると「そんなに多くないよね・・・」という感想でした。もちろんあるにはあるんですけど、どっちかというと豆漿店やサンドイッチ・ハンバーガーを売ってるお店の方が目立ってる印象を受けました。で、お粥は頭のスミの方に追いやられてしまいました・・・ しかし、前回台中を訪れたときにそれを覆すほどの美味しいお粥の屋台を発見! というわけ今回はそのお店、日出廣東粥・飯糰を紹介したいと思います。

日出廣東粥・飯糰

早朝から行列の人気店

日出廣東粥・飯糰は台中市中心部からはやや離れた場所、北屯区の昌平路と大連路の交差点近くにあります。店名の通りお粥と飯糰(台湾式おにぎり)を売っている屋台です。朝ごはん専門の屋台なので営業時間は早朝から昼前までとなっています。
2017102702
この屋台がなかなか人気があって行列ができる店として知られています。この日は平日の朝6時すぎですがご覧の状態です。早朝からお粥と飯糰を買い求めるお客さんで行列ができてます。
2017102703 2017102704
お粥、飯糰とも結構種類がありますね〜。飯糰の方は紫米でにぎった黒っぽい色をした紫米飯糰、ベジタリアン用の素食飯糰、チーズと使った起司飯糰など。お粥の方はピータンとデンブ入りの皮蛋痩肉粥、チャーシュー入りの沙茶叉焼粥、豆皮(湯葉)とキノコ入りの香菇豆皮粥などなど。
2017102705
屋台の端におかれたこの大、中、小ってのはたぶん飯糰の大きさでしょうね。普通、屋台なんかだとサイズが分かり難いのですがこれは親切でいいですね。でもなんでこんかカラーなんだろ(笑)?
2017102706
こっちはお粥の大、小サイズですね。これは実際に使っている容器みたいです。台湾では小サイズが日本人の感覚で普通サイズだったりすることがよくあって、大を頼んだらとんでもない大きさだった、というようなことがよくあるので注意しましょう。
2017102707
日出廣東粥・飯糰で人気なのはお粥の方(飯糰を買って行く人も結構いますよ)。というわけでこの日はお粥を注文しました。
2017102708
お粥に具をたっぷりのせていきます。
2017102709
うーん、美味しそう・・・
2017102710

デンブがいい感じの皮蛋痩肉粥

1番人気のあるピータンとデンブ入りの皮蛋痩肉粥を買ってみました。ジュースはコンビニで買ったものです。

廣東粥(広東粥)というのは香港に行くとよくお店を見かける広東タイプのお粥で、油條(細長い揚げパン)などと一緒に食べるのが一般的です。台湾でも香港系のレストランに行くとメニューにお粥があるところがあります。

皮蛋痩肉粥・小(ピータンとデンブ入りのお粥)(40NTD

ピータンが1個潰した状態で入っています。ピータンって結構苦手な人が多いかもしれませんが、こうやってお粥の具として食べると塩味が効いてよく合いますよ。

小さく切った油條(細長い揚げパン)も入っています。サクサクとした食感の変化がいいですね。飯糰にもよく油条が入ってますが、よく考えるとどちらも「ご飯にパン」なんですよね。でもこれが美味しいという意外な組み合わせなのです。

肉鬆と呼ばれる豚肉のデンブがたっぷりと入っていて、これがいい味だしてます。肉鬆がないとちょっとあっさりし過ぎる感じになるんですが、具として入ることで肉鬆の旨みがお粥を引き立てて美味しさが数段アップします。これはホントに美味しい、ちょっとお粥のイメージが変わりましたね。朝ごはんにもピッタリです。

台湾や他の国でも中華系のちょっと大きいレストランでお粥を食べたことはあります。よくイメージされるような真っ白い上品な感じのお粥で、もちろんそれはそれで美味しいのです。でも今回食べた庶民的な屋台の具だくさんのお粥の美味しさにちょっと衝撃を受けましたね〜。

お店の場所がちょっと中心部から外れているのですが、おすすめのお粥ですよ。

店舗情報

住所 台中市北屯區昌平路一段133號
営業時間
6:00〜10:30
休日


おトクなセール情報


おすすめ記事

スポンサードリンク